”キルキット”のある風景
またしてもここの写真ですが、先ほどインドの優勝で幕を閉じたクリケット・2011年ワールドカップ期間中の南アジア各国の風景です。いや~、地元(といっても複数国共同だけど)開催だからというのもあるんでしょうが、写真で見てもけっこうな熱狂ぶりですな。

どこに行っても子供がクリケットに興じる風景を集めているのもいいですね。まさに日常の自然さに溶け込んでます。遠い異国の自分からみると、あたかも藤子不二雄漫画的な日常の様式美のように、狭い空き地で子供たちが野球してたら、カミナリさん宅のガラス窓やラーメン大好き小池さんの丼ぶりにボールが飛んでいくという風景がそこで日常に繰り広げられているのでは、と想像してしまうような擬似ノスタルジーを強く感じます。
[PR]
by ek-japani | 2011-04-06 09:28 | 写真


<< फ़िल्म "गिद... ラジニ氏の被災者慰問なるか? >>