このまえ・・・
ついこの間、4月30日の話である。

仕事が終わって家に帰る途中、新宿で私鉄に乗り換えた時のことである。
いつもは本を読みたいので列車を1~2本待ってから座って帰るのだが、その時はGWで多少帰宅ラッシュも軽く列車が空いていたので、ずっと立ったままなのを覚悟で早く帰るべくホームに停車していた列車にすぐ乗り込んだ。

そうしたらビックリ、そのドア横の座席に2人明らかにインド亜大陸系の方々がいらっしゃるではないか!!
1人はサーリーを召したやや年配の婦人、もう1人はその息子と思しきカジュアルな服装の青年だった。女性の方がサーリーを身に着けていたのと、今しがた空港から来たのを示すスーツケースにはエア・インディアの札が付いていたので、インドからお越しになっているのは判別できた。あと顔つきから漠然と北インド出身であろうと予想できた。

普段は、というか今までそんな事を一度もしたことはなかったが、何となくヒンディー語で話しかけてみたくなった。その考えが浮かんでからも実行するかしまいか、あれこれ迷った。しかしこんな偶然の重なり+少し都合の良い状況(相手が電車で近くにじっと座ってる&独りではない)とあって、かな~りドキドキしながらも不審な日本人第1号として声を掛けてしまった。

通勤電車の中いきなり初対面で話しかけたので話が弾んだわけでもないけど、降りる駅が偶然にも一緒だったので到着するまで40分程のあいだ、何だかんだと車内でポツリポツリ質問を交わしながら過ごした。
青年の方は日本で仕事をしているというので、エンジニアかと思ったら財務関係の仕事らしい。(日本でインド人を雇う企業の分野も多様化してきているのだろうか?) 日本には未だ2ヶ月くらいで、しかもまたさらに2ヶ月したら帰国する短期の駐在らしいが、企業の研修で日本語を習ったのでいくらか話せるようだった。(最初少し日本語で返事されてたところを、自分が苦しいながらもヒンディー語で会話するべく無理やり雰囲気を持っていったので・・・)
そして一緒にいた婦人はやはり青年の母上様だった。実家のコルカタから日本に今日来たというので駐在期間中に息子と一緒に住むのかと思ったら、この連休を利用して日本を母親に見せるべくわざわざ招待したのだとか。何とも親孝行な良い話である。さらに都心ではなく箱根や鎌倉を観光する予定だというので、これまた素敵なプランである。

最後の方は質問も途切れて互いに黙り込んでしまい気まずい雰囲気にもなったが、久しぶりにヒンディー語で会話したので後々思い出すと楽しかった。これに味をしめて街中で見かけたらヒンディー語話者らしき人にどんどん話しかけようか、ますますアヤシイ日本人である。(でも相手が急いでたりしないか、など状況をまず考慮して話しかけよう。)

それにしても聴き取り難い自分のヒンディー語に耳を傾けて理解に努めてくれただけでなく、「ヒンディー語ができるなら大使館とかできっと仕事の口があるだろうよ」とか心配までして貰って、かなり親切な部類の人に出会えたのが幸運だった。

しかし何と言っても、久しぶりに話してみてヒンディー語の運用能力がかな~り退化しているのを実感した。
映画見たり、ラジオ放送聴いたり、本読んだり、ブログで使ったりとアレコレ足掻いてはいるが、やはり“口をついて出ない”というか面と向かって話す時に言葉が出てこない。頭の中から言葉が引っ張り出せても、さらに口、唇や舌などが上手く連動して音声にできない。やはり言語コミュニケーションは一義的には身体運動なので、日々の積み重ねがそういった面でも大事なのだろう。
(もちろん元からそれほど話せたわけでもないってのが一番の理由なんだが・・・)

でも、「どうしてヒンディー語を勉強する事になったの?」と尋ねられて、「運命がそうさせたんだ क़िस्मत ने मुझे ऐसा बना दिया」 と何故か即座に答える事ができたのには自分でも???
普段そんな事思ってもないし、今まで同じような質問にそんな風に答えた事も無かったので、言った後で自分でも訳わからんズレた返事だなぁと思った。いったい何だったのでしょか?
[PR]
by ek-japani | 2005-05-04 03:48 | 言語


<< 映画『Bose - The F... “サーレー ジャハーン セ ア... >>