“McArabia” が気になる
Koidelahore氏の『Lahore Diary』、6月25日の記事“シャワールマ”よりTB。

パーキスターンのマクドナルドでは《McArabia》なるメニューがあるらしい・・・。
(ところで「マクドナルド」を略して言う時に、関東で「マック」 / 関西で「マクド」、と違ってたりするみたいだけど、アレって境目はどこら辺なのだろうか・・・? )

上記の記事中の写真に写っている《McArabia》の包装を見ると、“بالخبز العربي =アラブのホブズ(パン)で” と書いてあるのが見える。

先週国際ブックフェアへ一緒に行ったアラビア語マニアの友人が以前カイロ القاهرة に長らくいたので、エジプトのマクドナルドにも《McArabia》があるか尋ねてみた。カイロにいた時に自分で食べた事は無いが、確かにメニューの中にあったそうだ。

もう1人、イスタンブル İstambul に行っていたトルコ語マニアの友人にも尋ねてみたが、本人曰く「まずくて高いだけ」のマクドナルドでは全く食事しなかったらしく不明。
(しかしトルコのマクドナルドの公式サイトで《MacTurco》という、同じような商品らしきモノを発見。)

やはり最初に中東地域のマクドナルドで開発・販売してみたらヒットしたからパーキスターンのマクドナルドでも、という流れなのだろうか。だとしたら、いつか日本のマクドナルドでも・・・?

しかし“100¥マック”路線のマクドナルドよりも、モスバーガー(内輪で言う時は必ず“モスバルガル मॉस बर्गर”!) のほうがエスニック・テイストをメニューの商品に取り入れているという点では進んでいると思うので、そのうち“モス・カバブサンド”な~んて感じの商品を発売しないだろうか。
最近あちこちでよく見かける“ドネルケバブ dönel kebap”屋台ワゴン(やはりこぞって真似し始めてるのか急速に数が増えてる気が・・・)のおかげで、けっこ~認知度は急激に上がってると思うので、全く可能性が無いわけではないかも。まぁ意外にも、日本でもう少しさらに知名度が低いと思しき“シャーワルマ شاورمة”のほうが元ネタとして紹介されるのも良いかもしれない。
(でもどちらにせよ考えてみると、強烈な視覚的インパクトを与える、あの回る肉の塊!が店頭にないとダメなのかな・・・。)

※何故モスバーガーが突然出てきたかというと、以前モスでバーガーを作ったりしていた事があったので・・・。ちなみに全く関係無いが・・・、毎年夏に発売する《ナンドッグ》のナーン नान نان 、縦でなく横向きにコロッケを挟むと冬発売の《フォッカッチャ》に不思議と名前が早変わり・・・これはいかに?


・・・何かハンバーガー・マニアっぽく思われそうだが、基本的には実際に食す事に関心があるわけではなくて(モスで働いてた時に毎回自分で作ってたので、今さら金を払って食べるというのも何かアレな感じだし・・・)、むしろ「文化のグロー‘カ’ル化」の一事例としてのファーストフードのメニューがいろいろと気になる・・・。

 * * * * * *
c0072728_805651.jpg実はこういう本をこないだ読んだのがきっかけ・・・

『マクドナルドはグローバルか』
― 東アジアのファーストフード


  編: ジェームズ・ワトソン
  訳: 前川啓治・竹内惠行・岡部曜子

グローバル化=アメリカ化だという主張において、“CocaCola”“Nike”と並んで槍玉によく挙げられるのが“McDonal’s”である。
たしかに店内の衛生基準やカウンター先払い方式、メニューの内容など、いろいろとフランチャイズ認可を出すアメリカのマクドナルドが各国マクドナルドの経営者に順守させる規則は多くあり、それが一見どこの国のマクドナルドでも同じ雰囲気の店で同じ味を提供する、というような規格化・画一化されたイメージを自他共に作り上げているのは事実である。(この本の文章中では《脱国籍性》と表現されている。)
またそれが新しくフランチャイズ展開した国で、現地の社会や人々の考え方に少なからず影響を与えてきたのも事実である。(店員のスマイル接客やセルフサービスのシステムへの適応など)

しかしその一方で、現在世界中にフランチャイズで展開しているマクドナルドは国・地域ごとに独立している企業であり、よってある程度の柔軟さで現地社会の習慣・独自の需要に対してメニューや店員の対応の仕方などを変化させ、自らの側からも出店先=ローカルの状況に適応させているという状況も存在する。(同じくこの本の中では《現地化》と表現されている。)
また仮に生産・提供する側が均質なモノを広めるにせよ、その均質なモノが持つ意味は消費する側の人々の立場(地域・階層・理念など)によって当然ながら千差万別である。なので「文化」が伝播する過程において均質化と同時に差異化も行われ、常に様々な「違い」が生産され続ける。
(例えば有名な話だが、同じマクドナルドでも日本では「格安のジャンクフード」で金の無い学生の溜まり場&そんなイメージだが、インドなどでは逆にある程度裕福な層が集まる割と高価な食事として存在している。)
 * * * * * *


上述の該当記事の中でKoidelahore氏はパキスタンのマクドナルドのメニュー展開に対して、
“・・・(※中略)・・・しかしシャワールマもいいが、やっぱりチキン・ロール・パラーターだ。マクドナルドも、ローカルなDesiメニューをもっと増やすべきだと思う。マック・ロールパラーターとか、どうだ。
との事である。
やはり現地の裕福な客層はあまりデーシー(देशी دیشی 、もしくはデースィー देसी دیسی ;「現地の、国産の」といった意味)志向なモノをマクドナルドには求めていないのか、それとも現地フランチャイズ企業の方針によるものなのか、気になる・・・。


ともあれパラーター पराठा پراٹھا のロールは自分も大好き(コルカタでハマった時はパニール・ティッカー・ロール पनीर तिक्का रोल を毎日・・・。)なので、この提案には個人的に首を横振りで大賛成!

c0072728_814529.jpg・・・ちなみに料理人の渡辺 玲氏も*“一時期本気で「ロール屋」の日本開業を考えたくらいハマった” そうだ。
確かに最近流行のワゴン屋台とかでやったらかな~り売れそうな気も・・・。もしも実際にあるとしたら、そっちの方がカレーの屋台よりか個人的には食べたい気がする。インド料理屋とかで出してるという話も聞いたことないし・・・。

*4月に発売された季刊『旅行人』春号:特集《アジア・カレー大全》で渡辺氏御自身が担当執筆なさった記事《インドカレー地図》;コルカタの項(29 p.)より
[PR]
by ek-japani | 2005-07-17 08:23 |


<< 日本マクドナルドでもマンゴーシェイク 東ハトの新作スナック 『ガラム... >>