アドナーン・サミーって・・・
最近はこのCDがお気に入りでしょっちゅう聴いてる。(・・・すぐ飽きるだろうけど。)


c0072728_13312840.jpg『Teri Kasam』 Adnan Sami
    (販売:T-Series、Rs.125)

 1. Kasam
 2. Mahiya
 3. Kabhi Aisa Lagay
 4. Pal Do Pal
 5. Chand Nikla
 6. Tauba!
 7. Poocho...
 8. Best Friend!
 9. Kasam (Unplugged)

アドナーン サミー (ハーン) अदनान समी ख़ान عدنان سمیع خان はパーキスターン出身の両親の元イギリスで育ち、小さい頃は天才ピアノ少年としてBBCにも取材されたらしい。最近はインドを拠点に歌手・作曲家・ピアノ奏者などの幅広い音楽活動を繰り広げているアーティストである。

昨年2004年発売のこのアルバムでは、1曲目の“Kasam क़सम قسم ”がまさにそんな感じの曲。最初にギターの旋律から始まり、次にお決まりのごとくタブラー तबला طبلہ がリズムを刻んでゆき、そしてヴァイオリンなどオーケストラやバーンスリー बाँसुरी بانسری (笛)が絡んできて情感を徐々に高めている。
歌詞のほうでは、曲名の“Kasam”(誓い)が、「月夜」「夢」「祈り」の誓いの順で、愛する人への語りかけ風に歌い上げられている。


c0072728_13285338.jpgインドに初めて行った時にちょうど流行ってた前作『Tera Chehra』(『お前の顔 तेरा चेहरा تیرا چہرہ』)のテープを、ありがたくも偶然列車で知り合った少年に貰ってからというもの、とても深みのある良い声が気にいっている。

(ちなみに『Tera Chehra』のジャケットは2種類、自分がテープで持ってるのと同じ写真;←左のバージョン、あと写真;右下↓のアミターブ・バッチャン अमिताभ बच्चन امتابھ بچن と共演のバージョンがある。)
c0072728_1329337.jpg

・・・しかし気になるのは、・・・なんといっても本人のヴィジュアル!

やはり自分の身体全体が楽器である歌手は、ある程度恰幅がよくないと声も本当に深みは出てこないとは思う・・・けど。それを改めてCDジャケットとかで見ると、しかも何とか顔のラインとかごまかそうとしてる視覚効果を見ると・・・、これはギャグ??狙ってる??と思ってしまうのは気のせいだろうか・・・。

さらにヴィデオクリップとか見てしまった日にはもう・・・、本人が巨体を揺らして踊ってたり!けっこー楽しそうに出演してる姿を思い出しては笑ってしまう。(それこそ“Tera Chehra”の歌詞の一節「テーラー チェへラー ジャブ ナザル アーエー・・・」みたいな。)そういうお茶目な面も、ヴィデオクリップにわざわざ出演しては本人が意図的にアピールしている気がする。けっこ~目立ちたがりなのだろうか、アドナーン・サミーって。


最近も、ある映画DVDの中でおまけの宣伝として、アーシャー・ボースレー आशा भोसले آشا بھوسلے と共演のアルバム*『Kabhi To Nazar Milao...』(『いつかはお互いを見つめて कभी तो नज़र मिलाओ کبھی تو نظر ملاؤ』)からの曲、“Lift Karadey लिफ़्ट करा दे لفٹ کرا دے”のヴィデオクリップの一部が入ってたのを見てしまい、かな~り長いこと笑いが止まらなかった。

*2000年にインドで発売される以前に、’97年にパーキスターンで『Badaltey Mausam』(『変わりゆく雰囲気 बदलते मौसम بدلتے موسم 』)として発売されたらしい。


まぁ何はともあれ、リズムに乗せたコミカルな曲から情念を込めて歌い上げるバラードまで、幅広い曲を歌いこなす実力がある。自分はアドナーン・サミーの楽曲に関しては後者のほうが好き、だけど・・・ヴィデオクリップを見てしまうとイメージが何か・・・。
やっぱり、アドナーン・サミーって・・・。
[PR]
by ek-japani | 2005-10-04 13:58 | 音楽


<< “Falafel Garden” 特別展“インド サリーの世界” >>