“iTunes”でフィルミーソング?
最近日本版の“iTunes Music Store”でヒンディー語映画の曲もダウンロードできるんですな・・・。

c0072728_1749137.jpg
※ためしに検索してみる場合、キーワード的に「Bollywood」とか入力してもよいけど、それよりか「Sonu Nigam」や「Sunidhi Chauhan」などプレイバック歌手の名前を打ち込むのが一番簡単かつ収穫も多いかと。


インドでヒンディー語映画のCD&テープを販売してるレコード会社のうち、どうやらT-seriesならびにSaRēGāMaの大手二社が参加してるようだ。 

あまり新しい曲が無いのが少し難点。まぁそれでも、現時点までで自分が発見した限りの最新タイトルとしては、『Humko Deewana Kar Gaye』のアルバムが登録されてたが。最新の曲をもっと多く登録してくれんかなぁと思った。(結局試聴だけして購入はせんだろうけど・・・。)


これって他国のiチューン・ミュージックストアで登録してるついでに、日本版にも登録を始めてみたってことなのだろうか?それとも日本の音楽市場(日本人のインド映画ファンとか、増加するインド人オフィスワーカーとか)を開拓しようという試みなのだろうか?



・・・ところで、日本で家にいながらにしてフィルミーソングが購入できるというのは、なんか時代の変化を感じますな(今さら?)。

今までなら、
 ①直接旅行などで行った時に買う、もしくは行く人に買ってきて貰う
 ②個人輸入販売してる店、もしくは通販業者などから正規輸入盤を買う
 ③日本や海外で販売されるワールドミュージック系のコンピュレーションアルバムで聴く
 ④各地のハラール食品店で売られてる海賊版で聴く
 ⑤ネット上の無料試聴サイトでのストリーミング音声を録音して聴く
のような選択肢が考えられた。

①が最も確実で余計なコストもかからないが、そのぶん大概の人にはそうそう購入の機会がない(インド在住とかの人は別にして)。②の場合だと、最近はネット上で探せば割と容易に通販業者さんが見つかるし、入手困難なタイトルでなければリクエストにもおそらく応えてくれるだろうから、個別の映画のCDが欲しい時には便利かも。ただ国内盤でRs.99~125~150な値段が2000円前後(手数料だけでなく、おそらく正規の国外輸出盤は少し値段が違うと思われる)になってしまうので、そういう点でコストはかかる。

③の場合は特に聴きたい曲や映画タイトルに関わらず、漠然と「インド映画の曲」という感じで聴きたい人には最近そういうコンピ盤も出てるが、わりと古い(といっても、たまに1~2年程前の比較的新しい曲が入ってることもあるけど)感じの曲が多い収録されてる場合がほとんどなので、それが少し難点だ。④でも状況はコンピCDに似てて、いくつかの映画の曲が抱き合わせ、というかお得なセットというか、ゴチャゴチャに組み合わされてコピーされてる事が多い。これの何が問題かと言うと、今の時代的にパソでCDから音楽をオーディオファイル形式に保存、デジタルオーディオで再生して聴く場合、アルバム&曲のタイトルなどの情報をいちいち自分で入力することに・・・。

⑤は・・・、まぁ著作権的にアレでも個人的にタダで聴けるにこした事はないんだが、いかんせん元の音質自体がそんな良くないので、CDから録音するより音質は格段に劣る。


というわけでした、ちょっとアップル社の回し者みたいな話でしたが。
ではでは~。
[PR]
by ek-japani | 2006-04-30 17:50 | 音楽


<< 映画『Gangster - A... 雑誌『NEUTRAL』 第7号 >>