雑誌『Coyote』
c0072728_1555389.jpgこんな雑誌が出ていたようです・・・。


Coyote

No.19 特集:インド
「ジプシーの旅立ち タール砂漠を彷徨う」



知り合いの方が寄稿なさっているという事で買ってみたのですが、わりと面白い内容ですね。ラージャスターンというと、ジャイプルやウダイプルあたりで藩王家の豪邸拝見なんかありがちな感じですが、今回はジャイサルメールの周辺の旅芸人を取材しているあたり少しがんばっている感じします。

個人的には「ジプシーの衣食住を覗いてみよう」という記事なんかわりとおもしろかったです。トウジンビエ(唐人稗:レシピによると当地では「バジュリー बजरी」)のローティーの作り方などが載ってて、ラージャスターンな雰囲気が出てる感じします。あのボソボソしたローティーの原料は稗だったんですね。

あと、いろいろなインドの写真にリリー・フランキー氏が一文づつ寄せている「幸福な路地」という企画がなんか良かったです。

とくに、これ
かつて華やかかりしもの。
そして、それを並んで眺める、
さほど興味のないもの。
あと、これ
見るべき所のない場所に、
やわらかな灯りがある。
写真が無いと別に大して意味わからない感じですが、これが添えられてる写真をみながらだとなんだか良い感じに見えました。まぁ、もしお手に取る機会があったらちょっと見てみてください。
インド写真が特集記事中にたくさん載っている中、このコーナーの写真が個人的に気に入るもの一番多かったです。



あとあと、内容とは全然関係ないのですが・・・、この特集記事での固有名詞のカタカナ表記にも嬉しい方向でかな~り驚きました。
 「チャーイ」
 「ラージャスターン」
 「ジョードプル」
 「マーンガニヤール」
 「ジョーギー」
 「ローティー」
 「マールワール」
 「メヘラーンガル」
 「ラージプート」
 「ラートール」
・・・という感じです。

「だからどうした」と言えばその通りなんですが、こういう一般誌でこんな贅沢に「ー」を(しかも的確な位置に)使ってくれてるのを見ると少し感動を呼びます。
取材原稿や編集などの段階で、①英語綴りから予測した(「日本人風の」英語)表記や、②だいたいの耳聞きによる表記、③新聞的に手当たり次第「ー」を省略した表記、という手順を経たら絶対上のようなカタカナ表記にはならないはずなので、とにかくビックリです。しかも知り合いが寄稿した部分でなく、雑誌の編集長さんや特集記事を執筆した作家さんの文章中に発見したのでなおビックリ。
特に日本で既に用例が圧倒的に多い「チャイ」じゃないあたり、なんかもう逆に奇妙な「誤植?」とまで感じてしまいました。
[PR]
by ek-japani | 2007-06-28 02:04 | 書籍


<< 何とも歯がゆい「ー」の位置・・・ 涅槃仏? >>