Bollywood Meolodies
昨日は数年ぶりにブックフェアに行ってみました。
あいかわらずゆる~い感じの雰囲気なスター・パブリケーションズ・インディアのブースでしたが、置いてある本も前回見たときよりか心なし少ない感じでした。やっぱり一般展示販売してもあんまり売れないから、事前予約以外の本はあんまり持って来なくなったんでしょうかね。せっかく初日の午前中から来たのにめぼしい本も特に無かったのですが、とりあえずこんな本買ってみました。

c0072728_11111115.jpg
まず冒頭で映画音楽史概説、1930年代から10年スパンごとの全体的な流行や、その時代の代表的な映画ソングなどをざっと紹介しております。その後は映画ソング制作の担い手である①作曲家、②作詞家、③プレイバック歌手を、それぞれ順番に各時代ごとの代表的な巨匠を一人づつ紹介していく感じです。だいたい一人につき平均1ページ程度なので、ざっと知りたい人物の部分だけぱらぱら眺めるのに丁度よさそうです。合間にグルザールやラター・マンゲーシュカルのインタビュー、その他業界有名人の寄稿文なども挿入されています。

網羅的に書いてあるけど、大部分が各アーティストの特徴や有名な歌のタイトルや歌詞の一節、使われた映画作品名などの紹介に終始していて、映画ソングの変容やその背景要因などに対する分析とかはほとんど無さそうです。
あと、まぁクラシックな部類に入る年代のことについては割と詳しく書いてありそうなんですが、今年出たにしては2000年代以降の最近の潮流について全然言及されてないのも今ひとつな感じですが。


縦読みしかしてないのに感想言うのもアレですが、べつに買わんでも良かったかも・・・。まぁ本棚に資料として置いといて、たまにパラッと捲るくらいが丁度よさそうな本ですな。
[PR]
by ek-japani | 2008-07-13 11:04 | 書籍


<< ルンギー・ビズ? ریل گاڑیوں کی ک... >>