カテゴリ:写真( 16 )
Indira Gandhi Rashtriya Manav Sangrahalaya
今年の4月に“『BHOPAL :Barah Bajkar Panch Minute』”の記事で、しばらく公開していたカエルの写真、最近になって再びプロフィール欄で公開している。ひそかに好評なようなので、カエルの魔力をさらに広めるためにも今回はカエル関連で・・・。


インド中部にあるマッディヤ・プラデーシュ州の州都ボーパール भोपाल。その街の傍らにある人造湖の畔、ちょうど湖とその向こうに市街中心部を見渡せる位置にインディラー・ガーンディー国立人類博物館 इंदिरा गाँधी राष्ट्रीय मानव संग्रहालय という施設がある(もう一つ同じ名前で同じコンセプトの博物館が、小規模ながらマイソール मैसूर ಮೈಸೂರುの市内にも。)が、そこでこの写真のカエルと出会った・・・。

ヒンディー語で(および、おそらく他の北インド諸語でも)アーディヴァースィー आदिवासी という総称で呼ばれ、「部族民」とカテゴライズされる人々がインドの各地には存在する。これらの人々の多くは、周囲のヒンドゥー教徒らとは異なる精霊信仰(現在ではクリスチャンに改宗したり、ヒンドゥーに「再改宗」したり、いろいろと権力のせめぎ合い的なアレです・・・)や、コミュニティー内での自給自足的な生業形態など、様々な面で特徴的な独自の生活様式・文化を保持している。
(何を基準に、誰を「部族民」と選別するかの問題については、詳しくは上にリンク付けたWikipediaのページ内“Criteria of 'Tribalness'”の項を参照の事。また政治的には、インド憲法において「指定部族民」というカテゴリーが規定されており、これによって差別是正・少数者保護のため教育・公的機関での雇用・議会の議席などにおいて一定の割合が保障されている。具体的に「指定部族民」として登録されている「部族」の内訳については、同様に“List of Scheduled Tribes in India”(Wikipedia)を参照してくだされ。)

この博物館は部族民の独特の文化を保存・展示するため、インド文化省によって開設された。わりと広大な敷地(約0.8平方Km)のオープンスペースのあちこちに、インド各地から実際に様々な部族民の職人を呼び寄せて作らせた独特の様式の家屋や陶芸品などいろいろなモノが展示されている。
ひとくちに「部族民」といっても(・・・というか周りから勝手に「部族民」と一纏めにされてしまっているだけなんだが)、家屋の様式が居住地域の気候によって如実に変わって(当然の事のようだが、複製で実際に間近で見ると)おもしろい。西のラージャスターンなどの乾燥地帯の泥作りの家、ノースイーストの森林&多雨地帯の木造高床式の家、南の沿岸部の木造平屋建ての家(隣には舟も)などいろいろ、見て回るうちに少し探検気分。


c0072728_434575.jpg

これはノースイーストのナガランド州のナガ族豪農の家(だったと記憶しているが・・・)。
他の家屋は中まで入れるのも多かったけど、これは残念ながら中に入れなかった。


c0072728_411417.jpg

これはノースイースト(ミゾラム州?マニプル州?記憶無し・・・)の高床式家屋。
家の壁や床は、竹を編んで&組んで作られている。中に入ると床が軋むけど、その分弾力性があって丈夫そうだし、もちろん通気性が抜群そうだった。


c0072728_4222854.jpg

土壁の家の外部や内部には、その家の女性が魔除けなどの意味も込めて描く壁面装飾もしっかり施されているモノが多かった。
これはどこの地域・州のだったか記憶無し、グジャラート?だったような気も・・・。


c0072728_424502.jpg

これも残念ながら記憶無し・・・。
ちなみに上のブログタイトル背景の画像のネタ元はこの写真。


c0072728_427328.jpg

もはや居直るが記憶は喪失されるものである。記憶無し。
この絵は色使い&構図なんかがけっこ~楽しい雰囲気だけど、意外なことに家屋の内側にこっそりと描いてあった。


c0072728_4313322.jpg

こういう絵付けしてある皿&壷なんかも無造作に屋外(といってもまぁ屋根はあるが・・・)に展示されてた。たしか自分が見学した時はこういう工芸品に説明書きが無かったと記憶しているので、これもどこの地域・州のかは不明という事に・・・。


c0072728_4384236.jpg

・・・という訳で、このカエルも残念ながら製作者やその地域・州、用途などは定かではありませぬ・・・。
(一応材質は焼き物、表面に釉薬とかは使って無い感じの。)

ホントに何なんだろう・・・?
口から何か出てるし・・・。
カエルゆえに雨乞いのため?


う~む、また次回行く時(いつのことやら・・・ふ~)にはよ~く見てこよう&もっと写真も・・・。
[PR]
by ek-japani | 2005-12-25 05:33 | 写真
“IndiaTodayImages.com”
最近こんなサイトc0072728_011356.gifを発見。

c0072728_0115750.jpg
グーグルのイメージ検索も便利だけど、インドの写真が豊富なのでこっちもなかなか良いのでは。
c0072728_0121129.jpgc0072728_0135331.jpgc0072728_194242.jpg


インド関連の人名や地名など適当に思いついたキーワードをローマ字検索にかければ、今までインディア・トゥデイ誌が蓄えてきた豊富な写真データベースから、検索した単語に関連するサンプル画像がいろいろと無料で閲覧できる。

c0072728_0122489.jpgc0072728_0123442.jpg
c0072728_014497.jpgc0072728_0125218.jpg
c0072728_0134469.jpg
時に貴重な瞬間を捕らえた写真や時に日常のさりげない光景を収めた写真などを、ほぇ~と暇つぶしに眺めるくらいの用途なら十分楽しめるのではないかと・・・。
c0072728_013135.jpgc0072728_0131142.jpg

c0072728_0124379.jpgc0072728_0141796.jpg
[PR]
by ek-japani | 2005-10-14 01:34 | 写真
こんなものが・・・
今日気がついたら財布の中にこんなものが・・・

c0072728_3485051.jpg

現在開催中の愛知地球博の記念として
今年発行されたらしい特別デザインの500¥硬貨

c0072728_349129.jpg

これのおかげで買い物の時に所持金が足りてるにもかかわらず、使ってしまうのが何か惜しまれたのでいったんお金を下ろしに行かなければならんかった・・・。レジの前まで来てたのに・・・。
貰ったお釣りの中にギザ10とか発見するとつい財布の中にキープして置くような性分なので、まぁ嬉しいといえば嬉しいのだけど・・・。
[PR]
by ek-japani | 2005-09-03 03:57 | 写真
地球博じゃなくて、民博…
c0072728_2202838.jpg引き続き、この前行ってきた民博の写真でもネタに・・・。


 ←大阪万博公園といえば、岡本太郎作『太陽の塔』
今回は真下から撮ってみた。


実を言うと今回は特別展“インド サリーの世界”が見たくて訪れたのだが、開催日程(2005年9月8日~12月6日)を勘違いしてて勇み足を踏んでしまった・・・至極無念。
でもその分、昨年訪れた時は当時開催されてた特別展示をじっく~り見たので、その時に全て見れなかった常設展示のほうを、前回見た分も含めて一通り全部見て回る事ができた。
(まともに1つ1つの展示品&説明を詳しく読んだり聞いたりしていたら、とても1日じゃ見て回れませ~ん。あんまり興味なくて眺めるだけならすぐ見終わるだろうけど・・・。)


常設展示は順路に従って行けば、オセアニア→アメリカ→ヨーロッパ→アフリカ→西アジア→音楽・言語→南アジア→東南アジア→朝鮮半島の文化→中国地域の文化→中央・北アジア→アイヌの文化→日本の文化、というように(大まかに)日本から地理的に離れた地域から近い地域へ、という順路になっている。

中を見る
[PR]
by ek-japani | 2005-09-02 00:11 | 写真
大阪で帽子マニア
※ちなみに今回は『**NoorJehanマサラ談議**』さんの 8月22日の記事“あら、うれし♪”よりTBです。


このまえ大阪の国立民族学博物館に行った帰りに、以前から訪れてみたかったこのお店に・・・。

『Noor Jehan』
大阪府大阪市中央区上本町西5-2-23

店主のヒグさんのブログ『**NoorJehanマサラ談議**』を見ると、いろいろと面白そうなイベントが主催なさっていたり、水曜日限定販売のカレーBoxや料理教室などのおいしそうな写真が載っていたりするので、実際はどんなお店なんかな~と気になっていた。

外にチャーイの看板があったので即発見。予想外に早く見つかったので、歩きながらオヤツに食べてたカレーまんを慌てて店の前で口に詰め込んでから、いざ中へ。

個人的には輸入雑貨屋さんというと、薄暗い店内に商品がかな~り所狭しとたくさん並んでるイメージがあるのだけれど(具体的には仲屋むげん堂のアレ)、雑然とした感じも無くスッキリと商品が並んでいる。

店内には店主さんがいらっしゃってて、この方が~と横目に思いつつも先客の方と話していらしたのをいい事に、とことん店内をくまなく物色して回った。木彫りのコースターセットとかけっこ~落ち着いた雰囲気で、しかも用途としてはあまり関係ないんだけどほのかな木の香りと手触りがよかった。と思えば横ではステンレス製の段重ね弁当箱(ダッバー डब्बा ڈبا)が!・・・、さらにその横ではチャパーティー चपाती چپاتی を焼く用の平たい鉄板(タワー तवा توا) が!思わず心の中でうひょっ!となる。


もちろん物色するだけでなくお買い物する気ありありでやって来てるので、あれこれ見てるうちに欲しくなってしまう。サンダルとかT-シャツやクルター कुरता کرتا とか、何か身に着けるモノが漠然と欲しいなぁ~と思ってるところ目に留まったのが、「あっパキっぽい」と何となく思った帽子が並ぶ棚。こんなのを目の前にしては帽子マニアにはたまりません。
そこへ一段落した店主さんが声をかけてきてくれたので、帽子についてあれこれとお話を。結婚式用のターバン(パグリー पगड़ी پگڑی)巻き風になってる帽子もあったりして、再び心の中でうひょ!

c0072728_4215062.jpg

とくに北西辺境州で作られたこんな帽子に心引かれた。

色違いで赤紫系のもあったのだけど、こっちのカーキー ख़ाकी خاکی 色具合が未だ見ぬ北西辺境州の景色をイメージさせて、かな~り帽子マニア心をくすぐられた。

ついでにナツメヤシをおやつに一袋購入、しっかり「カジュール」(खजूर کھجور)と袋に書いてあるのに感動。小分けしてある袋に付いてるお店のオリジナルマークがいいなぁと思ってたら、幸運にも後でなんだかんだとオマケに限定レアものなお店のステッカーをたくさん貰ってしまった。(あれこれ貼ってみたいものはあるが、とりあえず一枚は自転車にぺタっと。)

買い物が済んでから店主さんに自分の素性を明かして少しお話をしたが、自分とあまり変わらない年齢でお店を切り盛りしててすごいなぁ~とつくずくご本人を眼の前にして思った。その日に行った民博でも同じことを思ったのだけど、東京にも“この”(こんな、ではなくて)お店が一つ欲しいなぁ、と。それだけ濃ゆ~い品揃えでかな~りマニア心を掴むお店でした。

うむむ大阪、奥深し・・・。


*******************

ついでに民博でも帽子マニア・・・。

c0072728_4221918.jpg

東南アジアの編み笠

c0072728_4224379.jpg


中南米の帽子
c0072728_423336.jpg


冬にはこういうのも被りたくなる・・・。


c0072728_4234562.jpg


なかでも帽子マニア心に訴えるのが中央アジアの帽子。
c0072728_424137.jpg



ウズベク、キルギス、カザフ(メモ取り忘れたのでうろ覚え)とかの男性もの帽子


某イラン料理店でまさにこんな帽子をお客さんに被らせていたよ~な気が・・・。
c0072728_4232773.jpg



ちょっと被ってみたひぃ~・・・と思いつつ、うっとり眺めながら周りに人がいないのを良い事に帽子マニアぶり全開でバチバチと撮影・・・。


被る機会は限られるかもしれないけれど、こういう帽子もけっこ~欲しいかも・・・。
[PR]
by ek-japani | 2005-08-29 06:29 | 写真
代々木のモスクに行ってみた。
先週夏休みらしいことをしようと思い、なぜか代々木のモスクに行ってみた。いつも小田急線で代々木上原の駅に到着する前に窓から眺めるだけで、今まで訪れる機会も特に無かったのだが、アラビア語マニアの友人と一緒にようやく足を踏み入れることができた。

正式には『東京ジャーミイ・トルコ文化センター』という名前であり、“東京・トルコ・ディヤーナト・ジャーミイ”という宗教法人として認可されているようだ。

礼拝の時間に重ならないように、あらかじめ時間を調べてから行ったのだが、今の時期だとお昼の礼拝(ズフル ظهر)が正午少し前くらい、午後の礼拝(アスル عصر)が3時半前後あたりのようなので、午後1時過ぎ頃~3時少し前の時間帯に訪問した。

井の頭通りに面した入り口から2人してこっそ~りと入ってみると、わりと中はヒンヤリ涼しげな空気が漂ってて、しばらく玄関ホールの内装を眺めてたらジャーミイの職員さんがトルコのチャーイをさりげなくふるまってくれた。

しばらくチャーイを飲みながら一息ついた後、まず同じ一階の集会室を見学。白く塗られた壁のところどころに(たしか?)スルス ثلث 書体で流麗にデザインされて書かれたクルアーン قرآن の一節があったので、ふらふら近寄って見る。こう書いてあるのか?と線を辿っていくが、文字は識別できそうでもアラビア語がわからんので、結局はアラビア語マニアの友人に見るもの全て読んで解説までして貰った。いやはやマニアな友人とはもつべきものだなぁと思った。

次に2階の礼拝堂。
入ってみると一面床にはきれいな絨毯が敷き詰められている、しかも繋ぎ目が全然見えないのに感動。ここではドーム天井に書かれた章句を見上げながら読んでいたら首が痛くなってきた、ってことはそれを書いた職人はさぞ大変なことだったろうと痛感。シャンデリアまで立体アラビア文字のデザインなのにはビックリ。ちなみにスルス書体が多い中でミンバル منبر (説教壇)の両脇部分にある章句はナスターリーク نستعليق 書体で何故かホッとした、しかしやはりアラビア語なので友人に訳してもらう。ふと窓の外には近隣のマンションや一軒家が、モスクのお隣に住む気分っていかなるものか?と少しあこがれる。

と、ここまで写真も無く、読んでも全然イメージの伝わらん文章だと我ながら思うけど、なんとなく遠慮して写真を中では全然撮らなかったもので・・・。(ちなみに礼拝堂の中で撮影は許可が必要、外はOKなようだ。)
※まだ訪れたことの無い人は こちらのサイトを参照のこと。ジャーミイ各部の写真を見ることができます。

しかし帰りがけにモスクの外壁にも、いくつか章句が書いてあるのをかろうじて撮影。

まず井の頭通り側の入り口横、ミーナール مينار (最近ようやく知ったけどアラビア語ではマナール منار らしい。)の真下部分の壁。
c0072728_552536.jpg
信仰告白(シャハーダ شهادة)の有名な句、“ラー イラーハ イッラッラーフ لا إله إلا الله ” (「アッラー以外に神は無し」)である。ちなみに写真のには書いてないけど、その後に“ムハンマダン ラスールッラー محمد رسول الله”(「ムハンマドはアッラーの使徒なり」)が対になって書いてあることも。

次は井の頭通りから曲がって小道に入った側の壁。
c0072728_59133.jpg
アラビア書道の作品で動物などのシルエットをデザインしたものがあるが、上のほうに書かれているのは(たしか)鶴。
下半分のを読んでると、ヘーの独立形(ه)の上端がはみ出て線が交差しているので、微妙にラームとアリフが繋がった形(لا)と紛らわしかった。

その隣にはジャーミイの裏門。
c0072728_593916.jpg
(正確な読み方もわからんし、真ん中の単語が自信ないけど・・・)タイプ入力すると
 “سلام عليكم طبتم فادخلوها خالدين”
「お入りください」という感じのことが書いてあるらしい。


ちなみにモスク見学後はその足で下北沢まで歩いてゆき、最近できた水タバコ屋さんで優雅に(?)煙をふかしながら夕方まで過ごしました・・・ぷは~。

*************

c0072728_5102158.jpgアラビア文字ついでに・・・。


最近大阪の国立民族学博物館に行ってきたので、そこで展示されてたキスワ كسوة (聖地メッカ مكة のカアバ كعبة を覆う黒い布)の模様も。


現在開催中の愛知万博でもサウディアラビア館で展示されているらしいが、この写真のキスワも1970年に大阪で万国博覧会がひらかれた時にサウディアラビア政府から寄贈されたもの。

c0072728_5104654.jpg



真ん中部分。


c0072728_511843.jpg



中央左部分の円の中心には預言者ムハンマドの名が「عليه السلام 彼の上に平安あれ」と供に。

c0072728_511258.jpg



反対に中央右部分の円の中心にはアッラー(とその異名の1つ?判別できなかった。;※下の追記↓参照のこと)が記してある。

※10月6日追記:パーキスターン在住のkoidelahore氏に教えていただきました。(以下コメント欄より)
円の中心に記してあるのは・・・
allaahu jalla jalaalahu
jalla jalaalahuの意味は「とても威厳のある者」です。

(アッラーのこの異名をアラビア語表記におこすと、「جل جلاله」です。;ブログ作成者)
[PR]
by ek-japani | 2005-08-28 05:54 | 写真