カテゴリ:ニュースより( 42 )
ルンギー・ビズ?
昨日届いた先週号の『インディア・トゥデイ』ですが、特集記事「地球温暖化 少しずつ始める50の対策」の36番目が面白かったです。
c0072728_2143557.jpg



日本で行われている環境省主導の「クール・ビズ」ファッションが冒頭で引き合いに出されてますが、インドでも空調のエネルギーを節約するために「男性の西洋的な服装は禁止して、代わりにハーヴァード帰りの財務大臣チダンバラム சிதம்பரம் 氏が着てるようなルンギーが南インドの人にとって理想的な服装となり得るでしょう」とのこと。
c0072728_2151776.jpg
また、あまりルンギーが一般的ではない北インドの読者にもいちおう考慮してか、その地域の文脈に応じて「北インドの男性は自分たちの選択肢の中から選ぶことができるでしょう」とも申しております。
c0072728_2155474.jpg
なんだかどこまで本気で言ってるのかよーわかりませんが・・・。



それはさておき・・・、今回何年かぶりに本誌ウェブサイトを開いたら驚きを通り越して唖然としました。
c0072728_2163616.jpg
どぎゃんなっとうとね!?無料のユーザー登録さえすれば、いくらでも最新号や最近のバックナンバーが、英語とヒンディー語の両エディション併せて、さらにヒンディー語各地方州版だけの限定記事や英語版付録の都市情報冊子までも含んで、これらが全部ウェブ閲覧および印刷出力&PDF形式ファイルのダウンロードが可能だっつーんだから、こりゃ嬉しいというよりもむしろ何だか訳が分かりません。こんな全部無料で公開しちゃって採算とかどうなってるんでしょうか???
(もしかして注意書きとか出なかったので自分が気づかなかっただけで、最初はトライアル期間なだけなんでしょうか。)

あ~、これならわざわざ定期購読頼むのやめよっかなぁ~。へなへな・・・。
[PR]
by ek-japani | 2008-07-14 01:24 | ニュースより
آزاد شده
どうやら無事に ساتوشی ناکامورا さん帰ってこれるようですね。
よかったよかった。
c0072728_114171.jpg

いつかのように変なバッシングが巻き起こらなければよいのですが、それだけ少し気がかりです。
[PR]
by ek-japani | 2008-06-17 01:05 | ニュースより
何とも歯がゆい「ー」の位置・・・
新聞でこうなってるのを見たのですが、ちょっとずらして「ラール・マスジド」としたいとこですな。
でも、どうやら日経とかの表記は歯がゆくないようです。

・・・久しぶりなのに、こんなしょうもない話ですいません。
[PR]
by ek-japani | 2007-07-12 06:49 | ニュースより
痩せた・・・?
c0072728_21271637.jpg歌手のアドナーン・サミー(・カーン) عدنان سمیع خان が痩せたそうですが・・・。
以下今週届いた India Today の芸能記事より。


「重み」のある事件

アドナーン・サミーは体重を落として、わずか109キログラム!かつて200キロの超重量級歌手の彼は、もちろんダイエットに成功してアメリカから痩せて戻ってきただけではなく、新作アルバム「テーレー・ビナー तेरे बिना」も携え帰ってきた。
(※新作タイトル、正しくは「キスィー・ディン किसी दिन」だと思われる。おそらくタイトル変更?)

● ダイエットを始める前最後に食べたご馳走は?
 32オンスのティッキーを食べました、ポテト、グレービー、ティラミス(?)の入ってるやつ。それが最後の晩餐でした。

● 長いことできなかったが(痩せてから)最近できるようになった事は?
 まぁ普通の事だけど、仰向けに寝たり、車椅子無しで動き回ったりとか。

● スリムになった体型をキープするための秘訣は?
 よく自問自答するんですよ、自分に必要なのはビリヤーニーを食べて得られるひと時だけの喜びか、それとも残りの人生にわたる幸せなのか、ってね。そこで私は人生のほうを選んだわけです。

● これからの目標は?
 とにかく今のところは22キロさらに減量することですね。そしたらニューヨークを観光して回っても恥ずかしくない体型になってるだろうと思いますよ。

・・・だそうです。

だからどうしたっていう話ではありますが・・・、
写真見るとアゴまわりがちょっと別人みたいです。


ヒマな人は参考までにYouTubeで微妙な変化を見比べてみましょう。
(※年代は各曲が収録されているアルバムのリリース年から予想)

1997年頃
Lift Karadey
Bheeghi Bheeghi Raaton Mein

2002年頃
Dil Keh Raha Hai
Kabhi Nahi

2004年頃
Teri Kasam
Pal Do Pal

2007年頃
Teri Yaad
Kisi Din
[PR]
by ek-japani | 2007-04-24 22:39 | ニュースより
Google ニュースでヒンディー語版登場
こんなのがいつのまにかできてたようです・・・。

ネット上でのヒンディー語メディア、及び文字情報データの量がある程度の域に達してきたということでしょうかね。最近はMSN India でもヒンディー語ほか、タミル語・テルグ語・カンナダ語・マラーヤラム語でのニュースページが運営されているし、ネットの文字情報の多言語化が着々と進んできている証拠と見ることができそうです。

それだけ?な話ですいませんが、それだけです・・・。
[PR]
by ek-japani | 2007-04-11 00:34 | ニュースより
日本人女優主演のインド映画?
BBC Hindi の記事 "प्यार की अलग भाषा है...."で知ったのですが、日本人女性を主人公に据えたインド映画が制作されるそうな・・・。(今さらな情報?)

この「The Japanese Wife」という映画、なんといってもアパルナー・セーン、ベンガル語映画界アートフィルムの伝統を踏まえた良作を多数制作してきた女性監督による作品っていうあたり注目度・期待度ともにいやがうえにも高まりそうですな。また主演が日本人女優「タカク チガス चिगासू ताकाकू」(正しくは「チグサ」では?)さんという事で、日本でもいくらかニュースになるのでは、上手くいけば日本の映画祭上映とかミニシアター配給とかなるのでは。

ちなみに相手役はラーフル・ボース、ベンガル地方スンダル・バンで学校の教師をしていて、主役の日本人女性とはお互いに不得手な英語での文通をとおして仲を深めていくという設定。もう一人の主要な役どころとして、ラーイマー・セーンが家政婦の役。

原作はイギリス在住のインド系作家クナール・バス(Kunal Basu)の同名小説、近いうちにハーパーコリンズ(Harper Collins)社から出版されるそうな。どんな内容なんでしょうね。お互いにあまり言葉が通じない状況で芽生える恋、いわゆる「愛に国境や言葉の壁は無い」というテーマはそれほど物語的にも現実的にもそれほど珍しい話ではなくなってきているが、それを果たしてどう描いているのか気になるとこです。


とりあえず、もうすぐ日本ロケが行われるそうなので、ミーハー気分全開で撮影を見学してみたいものですが。(でも首都圏に来るとは限らんしな~・・・。)

※追記:Hindustan Times でもだいぶ前に報じられてました。(3月24日"Aparna Sen's hands are full"
[PR]
by ek-japani | 2007-04-10 23:58 | ニュースより
U.P.選挙風景
今日は各地で選挙ですね・・・。

さっき自分も権利を行使して来ましたが、現職には何が何でも続投して欲しくないが、かといって他に投票したい対抗候補もおらず、しかも残念ながら現職候補が勝つのでは・・・、という感じですかね。いわゆる無党派層でノンポリなんですが、今回ばかりは夜の開票結果を考えると少し複雑な心境です。

というわけで(無理やり)、選挙つながりな話。
先日投票が行われたU.P.州議会選挙の風景が面白かったので記事抄訳付けてみました。




■ BBC Hindi :ウッタル・プラデーシュ州の選挙広報
 (※原文&写真: BBC Hindi より)

c0072728_13105164.jpg①ウッタル・プラデーシュの選挙は州政治のみならず、インド全体の政治をも左右すると考えられている。今回の選挙ではアミターブ・バッチャン अमिताभ बच्चन のポスターが話題の的になっている。

※下の「200」って数字・・・、一応出典らしき文字も見えるけど捏造っぽいな~。そんな簡単に治安が良くなるってより、明らかに統計数字の操作でしょう・・・。

U.P. には活気がある。
ここには犯罪が少ないからだ。

<右上>

前政権の任期中には
現在の政権と比較して 200
倍もの件数のレイプ事件が
(起きた事が)明らかになっている。

<右下:青地部分>

ウッタル・プラデーシュ... 新たな情熱  サマージヴァーディー(社会主義)党
<最下段>

c0072728_1311372.jpg②今回の選挙ではバフジャン・サマージ(多数派社会)党が一大勢力として議席数を伸ばしてくる可能性が高いと考えられている。この政党からは上位カーストの候補が何人も出馬している。

※右端が党首マーヤーヴァティー मायावती 女史、その左横は党の象徴的存在として崇拝される故アンベードカル अंबेडकर 博士。指定カーストが支持母体で、釈迦の絵は仏教改宗運動による信徒が多いため。党のマークは「白い象」。


c0072728_13111567.jpg③社会主義党は現職の州首相ムラーヤム・スィン मुलायम सिंह のリーダーシップのもと再び州議会第一党の座に返り咲こうと試みている。
マー(=Master の略?)・ムラーヤム・スィン・ヤーダヴ万歳 ― 社会主義党万歳
<最上段:白字>

(投票所ではヴォーティングマシンの)▲(自転車の絵)
のボタンを押して(皆様の)貴重な票
によって(私を)当選させてください。
マヘーンドラ・スィン・ラージプート

<右下>

c0072728_13112737.jpg

④前回の州選挙における国民会議派のありさまは散々だった。そして今回の国民会議派には現総裁ソニア・ガーンディー सोनिया गांधी と近年政界入りした息子ラーフル राहुल の人気が頼みの綱である。

※党のマークは「掲げた手」。
c0072728_13113751.jpg

⑤連合進歩戦線(?訳不明)の党首ラージ・バッバル राज बब्बर とV.P. スィン वी.पी. सिंह (元インド首相)は社会主義党と対決する姿勢で選挙キャンペーンを張っている。
c0072728_13114697.jpg

⑥国民会議派ラーフル・ガーンディーの街頭演説には多くの人だかりが集まっていると伝えられている。

※左下がラーフル本人、上が党首ソニア、右下が妹プリヤンカー प्रियंका
c0072728_13115761.jpg

⑦社会主義党が今回の選挙で圧倒的優勢と見られているが、党内からは何人か離反した候補者が出てきている。
サマージヴァーディー パーティー
<党のマーク、自転車の絵の下>

c0072728_13121056.jpg
⑧バールティーイェ・ジャンター(インド人民)党の現総裁ラージナート・スィン राजनाथ सिंह のお膝元はここウッタル・プラデーシュであり、今回の選挙(での党の結果)には地元として彼の面子がかかっていると考えられている。

※党のマークは「蓮の花」。
インド人民党、ウッタル・プラデーシュ(州支部)
州支部事務所

<上部のオレンジ旗>






蛇足ですが、今日投票所で投票用紙を記入している時に無性にこれを押したい気分になりました・・・。
もし日本の識字率が低下したら導入されたりしませんかね。
c0072728_14255019.jpg

[PR]
by ek-japani | 2007-04-08 13:50 | ニュースより
ちょっとインクレディブル!
さきほどMSN(インドのじゃなくて日本の)のページを開いたら、こんなのが。
c0072728_7475022.jpg

インド政府観光局が展開しているこのキャンペーン、こんなとこにまで広告出してるんですね。
ちなみに音付き、フラッシュ動画、気合入ってました。
でもリンク先が日本語サイトのほうではありませんでした、なにゆえ???

そんなこんなで朝から少々ビックリしました、それだけ。



・・・で、もう話は終わりなんですが、蛇足に2点。

このキャンペーン、外国人観光客を対象とした国外での宣伝のみならず、最近増加しているインド人国内旅行客もターゲットにしているためか、インドのニュースサイトとかにも広告出してます。
でも・・・、インディア・トゥデイ誌面とかでヒンディー語版の広告を見るたびに思うのですが、わざわざ「अतुल्य! भारत」なんて直訳せんでいいような気が。別に元のやつみたく韻を踏んでないし。適当に「वाह क्या बात! भारत」とかなんとかしとけば?あ、でも長過ぎか。

あと、このキャンペーン・ロゴの文字、どういう意図なのか小文字の「i」に点が無いので、ふとトルコ語(風)にも見えてきます。
Incredıble !ndıa」、まぁきっとありえん綴りなんでしょうけど。
[PR]
by ek-japani | 2007-03-31 08:40 | ニュースより
イードな今日&明日
昨夜Sahara 系列の各州向けチャンネルを見てて思ったのだが、ラマザーン明けって目視で月を確認だから(大体の予測はつけられるとはいえ、細かいところでは)ホントにあわただしく決まるもんなんですな。
なんか延々緊急ニュース扱いで画面テロップが次々と。(特にUP州向けチャンネルで。)
c0072728_13165732.jpg


それを眺めてると、イード、すわ今日(10/24)か!っと思いきや、たしかにデリーとかではそうなんだけど、州単位?でビハールは今日だがMPとかジャールカンドは明日(10/25)だったり。
UP州では合計2日イードとか、つまり州内の県単位?でカーンプルとかアーグラーは明日だがゴーラクプルやアリーガルでは今日だったり。
さらには同じ街でも宗派単位で違ってたり。例えばラクナウーでシーアは明日だがデーオバンディーは今日だったり、ムンバイーではシーアが今日でスンニーが明日だったり。

う~ん、ややこしい。


・・・と、久しぶりに衛星放送ネタでした。
ではでは、良いイードを~。
[PR]
by ek-japani | 2006-10-24 13:09 | ニュースより
Mr & Miss パンジャービー
なんか他の記事のコメント欄でスィク男性について盛り上がった?とこで、なんともタイムリーに?こんなBBC Hindi の記事を発見。ちょっと面白かったので紹介。




『ボーパールにて"Mr & Miss パンジャービーコンテスト"』
(以下、日本語訳の原文&写真:BBC Hindi "भोपाल में मिस्टर और मिस पंजाबी प्रतियोगिता" の記事より)

c0072728_1471923.jpg
①ボーパールでスィク教徒コミュニティーの若者たちのために、Mr & Miss パンジャービーコンテストなるイベントが催された。パンジャーブ地方出身者の団体は、このコンテストを通じてスィクの若者たちが国内の他のミスコンに出場するまでの助走ステップとなる機会を与えたいと考えていた。
  (写真提供:S・ニヤーズィー)
c0072728_1473515.jpg

②ターバンが原因でスィク男性はこのようなミスコンに参加できないでいる、との認識がパンジャーブ出身者らの間にあった。そこで、今回のコンテストによってスィク男性らが自らの魅力を世に示すための舞台を用意したわけである。
c0072728_1474819.jpg

③このコンテストには(開催都市ボーパールが位置する)マッディヤ・プラデーシュ州全土からスィクの若者たちが参加した。このコンテストはいくつかの段階の予選審査で約一ヶ月もの期間を費やし、その後の最終審査に総勢25名の男女が出場の機会を得た。
c0072728_148151.jpg


④コンテストにおいて特注衣装を着たスィクの若者らが舞台を練り歩きだすと、ひとたび見るにつけ印象的な光景が繰り広げられた。誰もがこのようなミスコンを目撃するのは初めての事であった。
c0072728_1481591.jpg


⑤コンテストでは得意技披露?(タレント・ハントって何?)の審査も設けられており、出場者はめいめい自分のやり方で魅力をアピールした。
c0072728_1482723.jpg


⑥スィクの若き男女らは様々な審査において自らの魅力を証明すべく全力を尽くした。このオリジナリティ溢れる初めての催しを見ようと大きな人だかりができた。
c0072728_1483976.jpg


⑦スィクの若者らはデザイナーの手による衣装を着ていたのだが、同じくデザイナーによるターバンも人々の間に独自の印象を残した。
c0072728_1485056.jpg


⑧男性部門ではアムリーク・スィンがMr パンジャービーに選ばれた。ハルディープ・スィン、およびラヴィンドラ・スィンがそれぞれ2位・3位の地位についた。
c0072728_149130.jpg


⑨Miss パンジャービーの栄冠はジャスミート・コゥルの頭上に輝いた。2位にはマニート・コゥルが、3位にはジャスプリート・コゥルがそれぞれ選ばれた。コンテストの賞品・賞金の授与はパンジャーブ出身者団体の代表者らにより行われた。

※日本語訳についてはざっと適当に訳しただけなので、どっか誤りがあったらコメントにでも。



このコンテストを出発点に、いつかヒゲ&ターバンの素敵なスィク男性がMr インディア(そんなコンテストあったっけ?と思ったらこんなのが。)に選ばれる日も来るのだろうか・・・。

・・・と思ったらMr インディア・コンテストの2002年の優勝者の中にジャスパール・スィン・セへガルという名のサルダールジーが(次点の2位だけど)いるじゃないか!オィ~バッレーバッレー!!


・・・というわけでした。(どういうわけ?)
ではでは~。
[PR]
by ek-japani | 2006-10-12 02:40 | ニュースより