<   2006年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
デーヴァナーガリーで顔文字?
自分は顔文字使う習慣はありませぬが、ネット上で不特定多数のいろんな人が、あれだけの種類をよく考案し続けてるものだと思う。
もはや某掲示板の枠をはるかに超えて、日本語のネット空間に横溢してますがな・・・。


そもそものきっかけは、こないだ何の因果か、ウィキペディア日本語版の顔文字(と英語版のEmoticon)の項を見たことにはじまる・・・。

それによって、日本式(ホントに?一応他にも同じ2バイト文字である中国語&韓国語のネット空間でも使うらしいが・・・。)だと顔文字でも、半角文字と全角文字の2系統あるというのもわかった、世間の顔文字の普及ぶりからすると今更ながらの話だが・・・。


さらに驚きなのが、1バイト文字の欧文(ラテン文字系統を筆頭に、キリル文字・ギリシャ文字とか;あとバイト数だけならアラビア文字&ヘブライ文字も、方向逆になるけど)のネット空間では、なぜか首を左に傾げて見ないといけない(そんな事ない?)ような横倒し式の顔文字が発達しとるらしい・・・。

日本人からすると、なんで??わざわざ横倒しで??という気もする。非漢字文化圏のひとにとって、日本語とかの縦書きが奇妙に見えたりするのと同じようなもんだろうか?
とりあえず、文字&記述伝統の違いや戯画的スタイルでの表情の認識感覚の違いと、最初にコンピューターで考え付いた人の個人的な発想の違いというふうに仮定して無理やり落ち着けとこう・・・。


で、本題です。

c0072728_975476.jpg最近インド人のヒンディー語ブログを見てると気付くのが、本文やコメントの文末に欧文式の顔文字(←みたいなやつ)を使ってることが多々ある。
c0072728_98594.jpgう~ん、これはいかん。(いかんってことも無いんだが・・・、日本人として見てて何かアレな印象なので。)
まぁヒンディー語(+その他インド系諸語)の文字も、欧文同様に“左→右”に読む&書く方式なので、欧文式な顔文字を使おうが好き勝手にしていいんだけど・・・。
ちなみに、こういう→某メッセンジャーの顔文字(?)を使ってるのもよく見かける。

しか~し、ヒンディー語は(WindowsXPとUnicodeフォントのおかげで格段に普及したとはいえ)ネット空間の記述言語としては未だ日が浅く、規模もまだまだ小さい。それでもインド系諸語の中では多分トップ、もしくはタミル語の次くらいだろうけど。(むしろデーヴァナーガリー文字を基準にしたら、マラーティー&ネパーリーとかも加わるのでダントツ1位だろう。)

そんな発展途上なヒンディー語のネット空間における“非言語コミュニュケーション記号”(って大仰に書いてみたが、顔文字とかのことね)は、誰かが仕掛けて記述方式を整備する余地が今でも残されてるのではないだろうか!!

まぁ、欧文方式に慣れたインド人が使う横倒し顔文字に対抗して、日本語非対応の環境でも表示可能な(といっても、文字コード次第では十分崩れる可能性アリだけど)半角の日本式顔文字をヒンディー語のネット空間にそこはかとなく書き散らして、それをマネする輩が出てくるかどうか試すのもいい(誰か自分に代わりやってくださらんかね??)だろうが、もっとおもしろくイジる可能性はないでしょうか?とも思う。

つまり、デーヴァナーガリー文字&半角記号で顔文字作れんものか・・・??とゆう話ですな。

とゆーわけで、そのうち(いつになるか知らんが)誰かインド人に先越される前に既成事実としてネット上に記録を残しておくため、拙いながらも試作してみた・・・。
(त_त)  普通
(प.प)  普通
(ब,ब)  軽く驚き
(च.च)  右に流し目;疑わしい気分
(ट_ट)  呆然
(म"म)  怒り;眉間に皺
(व*व)  額にビンディー 
(ढ,ढ)  軽く驚き;右向き
(ऍ,ऍ)  涙目
(णAण)  呆れ顔
(ठैдठै)  脱帽
バリエーションや表情が乏しくなるのは文字の形として限界もあるのでしょうがない・・・、かな??デーヴァナーガリー文字には上に横棒が付くので、せいぜい“眼”の部分に使うのしか思いつかないけど、あとは普通に記号とかで、“クチ”の部分のヴァリエーションや顔の横に“手”をつけるとかのオマケでいくらか応用できるでしょう。
そのうち誰か進化させるかもしれんし、あとは任せます。(自分には顔文字的な創造力は無いようです・・・。)

あ、でも表情の識別やその意味内容も、文化の文脈が違ってくると変化するって場合も多々あるだろうから、こっちが意図したように認識してくれんかも・・・。それじゃコミュニュケーション破綻?
[PR]
by ek-japani | 2006-01-29 09:31 | 考察
『Rang De Basanti』が観たい・・・
明後日の今月20日(金)にインドで封切られる映画、Rang De Basanti रंग दे बसंती』がすご~く観たい・・・。
※1月19日追記:一週間延期されて1月27日(金)公開らしいです。
※1月29日追記:結局いろいろあって1月26日(木)、インドの共和国記念日に公開でした。

c0072728_15321844.jpg
何でかと言うと、衛星TV見てると頻繁に宣伝が入るわけである。
バングラー भंगड़ा なリズムに乗せてダレール・メヘンディー दलेर मेहंदी (←そういえば一昨年頃逮捕されたりしたのに、いつの間にか復帰?)の歌が始まって、最期に「あ~ ラングデーバサンティー ラングデーバサンティ~」という声がやたら耳に残る。

最初は『Dil Chahta Hai दिल चाहता है』みたいな現代の都市部の若者を描いた青春群像ものなストーリーなのかと思ったら、同じく現代を舞台に都市部の若者を中心に据えつつも、独立運動期のナショナリズムや自分のルーツを再考し、そこから現代のインドの社会、そして個人のアイデンティティーに対する新たな視野を開いていこうという趣きらしい。公式サイトやBBCのニュース記事であらすじを読んだだけなので、実際に観ないうちには何とも言えないが。

そういえば、久しぶりにアーミル・カーン आमिर ख़ान عامر خان の主演映画が昨年夏の『The Rising』に続き(ってほど時期が近くもないけど)公開されたと思ったら、また歴史モノ/現代モノというセットな感じですな、2001年の『Lagaan लगान 』と『Dil Chahta Hai』みたいに。まぁ偶然でしょうが。


話は変わるけど、衛星TVを見てると何かあからさまにTVドラマって女性向けに作られてるのだなぁと今更ながらに思う。まぁ女性、特に家にいる時間が多い専業主婦向けの番組が昼間とかに多かったり、連続ドラマも女性の視聴層を想定して作られてるのがほとんどなのなんか日本も状況は似たり寄ったりだが。
ただインドの場合は、TVドラマから翻って娯楽の王道である映画を見ると、やたらと男性のマッチョな願望があからさまに投影されている(のも多いけど)とまでいかなくとも、主人公に女性を据えたものがかなり少ない気がしてくる。まったく無いわけでもないけど、娯楽色が強いものほどヒーロー/ヒロインの役どころの比重が前者に偏る傾向があると思う。

パールター・チャタルジー पारथा चटर्जी の言うような、ソト/ウチ、物質/精神、男性/女性、理性/自然、近代/伝統などの二分法って「映画/TVドラマ」にも当てはまってくるのかもしらんですな。多分誰か既に研究なさってるんだろうけど。


c0072728_15323210.jpgで、この映画とそれが何か関係あるのかと言うと、上半身裸でシャツ振り回して走っていき、飛行機が上空に来たとこで飛び上がるシーンが何かやたらと宣伝で繰り返されるのが何か気になるので。
最近は全体的に若手男優のサルマーン・カーン सलमान ख़ान سلمان خان 化が無駄に進んでる感じなので何かアレですな・・・。
でもそういうのが印象に残る宣伝として客を呼び込めるのかもしらんですな。


長々となってきたがオチをつけると結局、
「まぁ音楽もけっこー良さそうなので、誰か春休みにインド行く人がおったらCD買ってきてくれんかしらね」、という事です・・・。

※1月19日追記:どこかに願いが通じたのか、買って来てくれるという御仁がさっそく名乗り出てくれました、うひょ。
 あ、というかここを見てくれたのかな???だとしたら、自分で書いておきながら予想外のサプライズ&連絡にタェンキューです。
締めのインド旅行どうぞ楽しんできてくだされ~、今度は卒論から解放されて優雅な旅を満喫できますな。
[PR]
by ek-japani | 2006-01-18 16:14 | 映画
巻き&覆いかたいろいろ
c0072728_153463.jpgしばらく前からBBC News のとこで特集『Muslims in Europe』というページがあったのを今しがた発見。

その中で Headscarves guide という記事がなかなか興味深かったのでちょっと紹介してみようかと。

いろいろ種類があるのは何となく知ってたけど、具体的にどういうのが何て名前なのかまでは一致してなかったので、思わずなるほど~という感じでした。
まぁ、かといって自分が巻くわけじゃあないんだが・・・。


ちなみに左は民博で展示されてるやつ。

一番下に3色並んでるブルカー बुर्क़ा برقع なら以前学校の先生の秘蔵コレクションを授業中に被らしてもらった事があったけど、少しコスプレ気分でドキドキしました。
そういえば映画『カンダハール سفر قندهار 』でも、男が被って女性の振りしたまま検問抜けようとしてたけど、外から中身がバレないという点ではラクですな、急に集金や宅配便が来たときなんかに。

※と思ってたら、「なおこれは西欧語やダリー語、パシュトー語ではチャードリーと言い、ブルカは本来、チャードリーのうち顔を隠す面紗が全身を覆う布とは別の布で出来ているものを指す」[Wikipedia 日本語版 『ブルカ』 の項より] 、らしいです。
[PR]
by ek-japani | 2006-01-14 15:44 | ニュースより
映画『Bluffmaster』の“Bure Bure (Boro Boro)”

c0072728_253063.jpgここ最近はPCに向かう作業が続いているので、公開前最新~往年の名作までいろいろな映画ソングを無料試聴できるサイトから音楽をかけていることが多い。

昨年12月に公開された映画『Bluffmaster』の曲を聴いていたら、え?なんかイマのはヒンディー語じゃないよね??な歌詞が突然聞こえてきた。

それがこの曲、Bure Bure (Boro Boro)
歌ってるのは“Arash”というアーティスト。


なんか?見た?聞いた?ことあるような?と調べてみたら・・・、
あ~「とろみ粉」(空耳アワーByキサラさん)のヒト!

そういえば各国音楽情報通&空耳マスターのキサラさんが、以前ご自身のブログ『異国音楽館』(2005年5月25日付)で紹介しとったじゃないのか~!
(というわけで以下、一部情報流用しました。キサラさんサンクスです~。)

c0072728_2501549.jpg
  Arash

 本名:アーラシュ・ラバーフ آرش لباف

テヘラン تهران 出身。
少年時代に両親と共にスェーデンに移住。
移民先で育ち現在に至る。

2004年9月に地元スウェーデンからシングル“Boro Boro برو برو ”(写真上;映画で使用された曲のオリジナルヴァージョン)でデビュー。全て歌詞がペルシア語にもかかわらずスウェーデン国内やロシアなどで大ヒット。いちやく注目をあびる。
ちなみに公式サイトでヴィデオクリップを見ると、ボリウッド風の踊り子をそろえたり、舞台が「BollywoodCafe」だったりする。けっこーインド好き??けっこーバングラとかも好きそうな感じの曲調だし。
なんなんでしょ、欧州ではけっこー近い地域出身の移民同士で交流とか盛んなんかな、とくに音楽の分野とかで。さらに特にヒップホップ方面。Punjabi MCあたりからこういう感じのコラボが流行ってるのかな???
c0072728_2481624.jpg

2005年3月発表の1stアルバムに入ってる“Bombay Dreams”という曲では、何でだか知らないがヒンディー語で歌う女性ヴォーカルと共演している。

BBCのインタビューによると、(A.R.Rahmanが音楽を担当したミュージカルではなく)2004年に公開されたスウェーデン映画『Bombay Dreams』の曲をアレンジしたものらしい。「アルバムの他の曲はペルシア語にしたけど、一つくらいヒンディー語の歌があったらすげーオモロイじゃ~ん?」な理由らしい。

もしや、それがキッカケで映画に誘われたのか???
c0072728_2472573.jpg
2005年6月には映画『Bluffmaster』のミュージカルシーン撮影のためムンバイーを訪れたらしい、公式サイトには共演者との記念写真が!!
上;アビシェーク・バッチャン अभिषेक बच्चन
   リテーシュ・デーシュムク ऋतेश देशमुख
下;プリヤンカー・チョープラー प्रियंका चोपड़ा
c0072728_2474312.jpgはたして「とろみ粉」(自分はむしろ「トロトロ~」が耳に残る・・・。)は実際なんて言ってるのか、どうしようなく気になって夜も眠れないので、ネットで調べてみた。
(ペルシア語歌詞&拙訳は以下の通り、歌ってる通りに口語風の表記にしてある。)

ちなみに映画『Bluffmaster』用にアレンジされた“Bure Bure (Boro Boro)”のヴァージョンには、*インド人アーティストがヒンディー語で歌ってる部分もあって、それがまたややこしい・・・。(ココを見るまでは、その部分もペルシア語かと勘違いしてしまった・・・。たしかに後付けしたっぽく、「浮気したカノジョに三行半」な歌のストーリーよりも、むしろこの部分だけは映画の内容を念頭に置いた歌詞になっとる感じだ。)


========================

 オマエのカレだった時には روزی بود عاشق تو بودم
 とってもオマエに満足だったさ از دست تو خیلی راضی بودم
 でもしばらく後で、すげーヒドイことしてくれたな امّا تو بعد شیطونی کردی
 もうオレのそばに近寄ってくんな نزدیک من نیا تو

 どっか行っちまえよ、オマエなんかもういらない برو برو دلم تو رو تو رو نمی خواد
 もうこれ以上オマエなんか顔も見たくない دیگه دیگه نمی خوام ببینمت
 どっか行っちまえ、オレの心はもう他のとこさ برو برو دلم جای دیگه دیگه هست
 もうオマエの顔なんて見たくもないってんだよ دیگه دیگه نمی خوام ببینمت
*(すごくヒドイやつだぜオレたちは、ちょいと気をつけな
                बुरे बुरे हम हम हम शैतान, ज़रा ज़रा बचना रे हमसे
  すごいヒドイやつだぜオレたちは、ちょいとたぶらかしてみな
                बुरे बुरे हम हम हम शैतान, ज़रा ज़रा ठगना रे हमसे )

 オマエのカレだった時には روزی بود عاشق تو بودم
 とってもオマエに満足だったさ از دستت خیلی راضی بودم
 でもしばらく後で、すげーヒドイことしてくれたな امّا تو بعد شیطونی کردی
 心からマジでもういらないっての دلم اصلا" تو رو دیگه نمی خواد

========================

・・・というわけでした。
日本語訳あんまり信用せんでくだされ~。(自分で書いといて何だが・・・。)

あっ、こんな事しとる場合では・・・。
[PR]
by ek-japani | 2006-01-07 03:15 | 音楽