<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
デリーは燃えているか?
c0072728_1430423.jpgここ10日間ほどインド各地の大都市で、政府に対する学生らの抗議行動による騒動が頻発して起きているそうですな・・・。 


←抗議デモの最中に警察からの放水を受けるデリーの学生たち
 燃えている、よりもむしろ水攻め・・・。

 (※写真:BBC より)

c0072728_14364550.jpg事の発端はというと、連邦政府の人的資源開発大臣アルジュン・スィン अर्जुन सिंग (写真右→)が今月12日に公表した新たな留保措置(Reservation, आरक्षण)に関する提案である。

連邦政府管轄の20の国立大学、7つのIIT(工学)、6つのIIM(経営学)やデリーのAIIMS(医学)などの国内トップの国立高等教育機関における入学者および教員採用の各定員枠のうち、既に現行の制度ではSC &ST の学生&教員を対象に原則22.5%確保する事になっている留保枠をさらに推し進め、新たにOBCs の学生&教員を対象とする同様の留保枠を別途27%(つまり合計で全体のほぼ半分)設定しよう、という提案である。


この提案に対して留保枠拡大に反対する立場の人々からは、あくまで政治家による「選挙のための票稼ぎ」の手段に堕しており、憲法が掲げる「公正」や「平等」の理念とは程遠く、決して「格差是正」の目標達成を真剣に意図してるとは思えない安易な方策である、との批判が高まっている。

89~90年にもマンダル मंडल 委員会の勧告(これ自体は80年に既に提出されていた)に基づいたOBCsへの留保措置導入を巡って大規模な抗議運動が起きた。その時は一部の反対派の学生が焼身自殺まで図る事態にまで至ったが、今回現時点ではそのような焼身行為など過激な抗議行動による死者は出ていない。


とはいえ、家でSahara 系列のニュース映像を見る限り、「デリーは燃えていない」とは決して言い切れそうにない雰囲気であり、デリーとムンバイーの様子を中心に、医学生たちの抗議デモやストライキ関連のニュースが連日のように報じられている。
特に学生らの抗議運動の中心となっているデリーのAIIMSの学生たちは、学内に設置した屋外テントに昼夜座り込み、酷暑の中ハンガーストライキを実施している。既に10日以上が経過しているため、時折救急車で病院に運ばれようとしている姿も映し出されている。
また、昨日見たニュースでは、IIT デリーの学生代表らがA.P.J.アブドゥル・カラーム अब्दुल कलाम 大統領と面会して留保措置拡大の見直しを嘆願すると同時に、もし留保措置拡大が実施される事になった場合に自分たちが自殺する許可までも求めたようだ。

さらに学生のみならず、コルカタやラクナウー、ボーパールなどの都市では現職の医者も抗議ストライキを実施し、公立病院の医療サービスに大きな支障が出てきているそうな。
全面的なストライキになっていない所でも、常勤の医者の休日を全部取り消して医学生達の不在をカバーしようとしているが、それでもサービスの水準低下や業務の一部休止など医療現場の混乱は避けられないでいるようだ。


政府のほうでも、当初「社会における全ての集団の意見を尊重する」みたいな声明でお茶を濁しつつ、その一方ムンバイーの学生によるデモ行進や座り込みに対して、デモの届出がされていないとの理由で警察隊がラーティーチャージ लाठी चार्ज (警棒での容赦無いぶっ叩き攻勢)による強行的な取り締まりを行ったり、昨日もデリーのサフダルジャング सफ़दरजंग 病院で行われる予定だった医師採用面接を急遽一方的に延期するなどして、あくまで妥協しない姿勢を見せている。

しかも挙句の果てには、アルジュン・スィンの提案が正式に法案として国会で審議される事が昨日の時点で決定され、早ければ来年6月の入学者選抜から実施される見通しも出てきた。


・・・果たして今後どう展開していくのか???という感じの情勢なので、半年前に衛星テレビを家に導入して以来、今が最もテレビのニュースから眼を離せない気分です。毎晩独りテレビを前に個人的に興味津々盛り上がっとります。


※この出来事について書きたい事はもう少しあるのだけど、長くなりそうなのでとりあえず次回へ(ホントに?)・・・。
[PR]
by ek-japani | 2006-05-25 14:41 | ニュースより
続 “ベンガルール”
今しがたこんな記事を見ました・・・。
いつまでウェブ上で読めるか分からんですが、とりあえず以下その記事へのリンク。

『NIKKEI NET』
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060522AT2M1900122052006.html

・・・う~ん、何かあと一歩?ってな感じだ。
昨年発表された時の日本語メディアの報道では「ベンガルル」という表記が多かったような印象を受けたけど、ちょっと時間を置いたら今度はこうなるとは。

いずれにせよ、個人的に希望している「ベンガルール」という日本語での表記が採用される日は未だ遠いようだ・・・。
[PR]
by ek-japani | 2006-05-22 23:03 | ニュースより
未公開?初公開?
Sahara系列のFILMYというチャンネルを昨日観ていたら、『Prateeksha प्रतीक्षा』という映画が放送されていた。

何となく映像の雰囲気からわりと新しめの作品と推測できた。そのうえ、最初のタイトルロールを見ると、主演はジミー・シェールギル जिमी शेरगिलディヤー・ミルザー दिया मिर्ज़ा とのこと。

ふとした瞬間、あれ?こんな作品いつ公開されてたんだろう??と思い、CMの合間にIMDb で検索かけたが作品名で登録無し、もちろん主演2人それぞれの出演作品一覧にも名前は見つからなかった。

やっとIndiaFM のほうで発見したが、何かおかしなことに、いまだ「Post-Production / Ready for Release」の状態と表示されている。もしやこれって・・・、なんとか完成には漕ぎ着けたが配給元が見つからず、ついには劇場公開がこけてしまったのか???
(そんで、製作会社のSahara One が、せめてフィルムが徒労&完全損失にならないために同系列のテレビチャンネルで初公開した、というわけなんかな。)


いや~、こういうのってよくある事なんですかな。撮影段階で資金不足のため制作中止とかなら耳にする事もままあるけど。(また、脚本や企画の段階なら通常数多くの作品が人知れず消えてゆくものなんだろうが。)
この「劇場不公開」については、なんとも主演の2人、どちらもトップスターの地位に向けて未だ微妙な位置を漂ってるだけに、なんかよけいに不憫というか何というか・・・。


では、何で劇場公開は実現しなかったのか???
ヒンディー語映画の世界でそれなりの知名度を既に獲得している主演の2人に加え、他にも俳優の有名どころではアヌパム・ケール अनुपम खेर も出演してるし、バース・チャタルジー बासु चटर्जी 監督も長年のキャリアを持つベテランらしいし、なぜテレビでの「初公開」に?

その理由を個人的に予想するに・・・、この作品が残念ながら「フロップ認定間違いなし」な出来だったから、としか思えない(のわりには最後まできっちり観てしまったが・・・)。


1961年公開の『Saptapadi』というベンガル語映画のリメイクで、もともとはベンガル語の小説が原作になっているらしい。


ストーリーとしては至極単純で、医学生の2人が最初反発しあいながらも互いの愛情にある時気付き、ついに結婚まで誓うが宗教の違いがもとで互いの父親が対立、あえなく別離の後卒業して数年後再会、そして双方の親の理解も得てハッピーエンド、という感じだった。

最初は主人公キシャンが医者として働く村落のシーンから始まり、そこにある日リヤーが運転するジープがやって来る。リヤーは酒に酔っていたため軽い事故を起こし、その手当てをキシャーンがするうちに場面はいったん2人の学生時代の回想シーンへ。終盤で再び現在に戻るという流れをたどっていた。


まず何と言っても、昨年かそこらの時期に撮影されたとは思えないぐらい、映画のスタイルが「古臭い」感じに見えた。監督が70歳以上で高齢な上に、10数年ぶりに「復帰」して撮った作品なせいか、俳優以外を見ると90年代頃の映画かと誤解しそうな雰囲気がそこかしこ漂っている。前述のストーリーの筋書きもだが、他にも特に挙げるとすれば踊り&歌シーンの振り付けと音楽がなんか「古臭い」うえに、カメラワークも全然動きがなくて退屈だった。

主演2人の演技も、劇場公開されずに残念!という程の演技でも無い(むしろ劇場公開されてたほうがキャリアにマイナス?)ので、まぁファンの間で後々話題になる「幻の作品」化していけばよいのでは・・・。


c0072728_19171257.jpgちなみにジミー・シェールギル、Munna Bhai M.B.B.S.で見たときは、末期ガンを宣告されて絶望している幸薄そうな青年の役での顔色悪そうな「メイク」がよく似合ってると思ったもんだが、わりといつも不健康そうな顔(特に眼の周り)に見えるのが何か気になる・・・。
そう自分が勝手に思ってるだけ?それともただ顔色悪く見えるタイプの顔なのか?
(しかも今回本名が「ジャスジート जसजीत」と知って、何でまたジミー?な気分。本名の方がもっと売れそうな名前の気もするが・・・。)

※写真:BBC Hindi (फ़िल्म 'उमर' का प्रीमियर)より


・・・しょうもない話題で引き伸ばしましたが、今回はこれで。
ではでは~。
[PR]
by ek-japani | 2006-05-14 14:34 | 衛星放送
『常務 島耕作』 インド編
先週こちらの某ブログさんのほうで知ったのだけど、最近あの島耕作がインドに行ってるらしい。


ようやく『常務 島耕作』が現在連載されてるモーニング(連休合併号のやつ)を見てみたら、映画女優としてこんな容貌の人物が描かれていた・・・。
c0072728_13362976.jpg
(現地の人々の雰囲気を理解するため、みたいな目的で島耕作らが映画を観に行くシーンが描かれてるのだが、その時スクリーンに映った主演女優のコマ:誌面40pより。)


これって・・・、もとになってるのはアイシュワリヤー・ラーイ ऐश्वर्या राय なんだろうか???
パッと目にした瞬間、あまり似てるとは思わないが、やはりアイシュワリヤーかな?と思った。
(右側に「最近ではモデルやミスコン出身のスレンダーな美女が多くなった」とも書いてあるので。あと、国外でも有名だから「インドの女優」として誰かしらの顔を描くときに参照しやすかっただろうし。)

それとも、また別の女優がモデル、もしくは複数の顔を合成した架空の女優なのかな?


・・・どう思われますかな???
[PR]
by ek-japani | 2006-05-11 13:41 | 書籍
映画『Gangster - A Love Story』
金曜に封切られた最新映画『Gangster - A Love Story』、ここ数日“Zee Music”の番組で取り上げられてるのを目にしたのだけど、この映画はわりと音楽がなかなか良いのでは。

c0072728_23242924.jpg

具体的には“Tu Hi Meri Shab Hai तू ही मेरी शब है”と“Bheegi Bheegi भीगी भीगी”の2曲、楽曲や歌詞の内容がとても良い雰囲気なので、同じマヘーシュ・バット महेश भट्ट 製作の映画『Murder』や『Kalyug』の音楽みたくヒットするのでは(というかヒットしてるのでは)。

今までマヘーシュ・バット製作の映画ではパーキスターンの歌手やバンドが楽曲を提供して話題を呼んでいたが、今度は“Bheegi Bheegi”でバングラデシュのロックバンドが登場している。ビデオクリップでは映画の音楽監督のプリータム प्रीतम (←漫画家の江川達也氏に似てる、と思うのは自分だけだろうか・・・)とも共演してた。


ところで音楽とは関係無いのだけど、この映画は韓国のソウル 서울 でロケしたらしいですな。日本(というか首都圏)でもそういうヒンディー語映画の撮影ロケが行われないもんかと少し思った。最近タイとかで撮影する作品が多い中で、やっと韓国まできたのだから次は日本でも、と少し期待していまう。
以前日本国内で撮影が行われた作品としては『Love In Tokyo』とか『ボンベイ to ナゴヤ』(原題の『Aye Meri Bekhudi आए मेरी बेख़ुदी』でもIMDBに登録されてないんですな・・・。ってことは日本以外でほぼ無名?)があるけど、やっぱ日本は物価高による経費の問題とか、はたまたインドの映画関係者(ならびに一般観衆)にとってロケ地としての魅力に欠けるのだろうか。

※5月5日追記:同じくZeeMusic の番組でマヘーシュ・バットが、今後何作も韓国で撮影したいね、みたいな事を話していた。協力してくれた韓国政府や関係機関へのリップサービスも含まれるかもしれないが、街中でのロケ撮影に対する政府からの許可や一般市民の協力的態度などについてわりと感動しているようだった。
海外への文化政策として、韓国が映画撮影の誘致に力を入れてるのはけっこーホントみたいですな。ぜひとも日本政府にもインド映画の撮影隊を誘致して欲しいとこです。
[PR]
by ek-japani | 2006-05-01 00:11 | 音楽