<   2006年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
シャフラーム・ナーゼリーの来日公演
なんだか柄にも無く、昨晩こういうコンサートに行ってみた・・・。

c0072728_16145225.jpg
第22回<東京の夏>音楽祭2006
 大地の歌・街角の音楽



<クルドの歌声>
巨匠ナーゼリー、
クルドの『シャー・ナーメ(王書)』を歌う


○出演(カタカナ表記はプログラム等記載のものを参照、アラビア文字表記はここを参照。)
 ・シャフラーム・ナーゼリー شهرام ناظری (歌)
 ・アリーレザー・フェイゼバシープール علی رضا فیض بشی پور (タンブール تنبورタール تار ・編曲)
 ・アフガー・ナヴィード نويد افقه (トンバク تنبك)
 ・ホセイン・レザーイーニアー حسين رضايي نيا (ダフ دف)

※もう1名他にもアンサンブルのメンバーとして予定されてたが、手首骨折のため来日ならず。
 ・シェルヴィーン・シーリーンバク・モハージェル شروین شیرینبک مهاجر (カマーンチェ کمانچه)


○演目(7/26)
・第1部: クルドの『シャーナーメ شاهنامه 』
      (ヤーレスターン یارستان に伝わるイラン歴史譚)
       ~休憩15分~
・第2部: ルーミー رومی の神秘主義詩(マスナヴィー مثنوی またはガザル غزل
       クルドの民族音楽

※演目は少し変更があったようで、当日配られた案内によると以上の通りだった。チラシなどで予告されてた演目のうち、ニザーミー نظامی の恋愛詩『ライラとマジュヌーン ليلي و مجنون 』のほうは何か知らんがやらない事にしたようだ。

ちなみに最後のアンコールにも応えてくれたのだが、知り合いによると彼の一番有名な曲を披露したらしい。どうりで歌の開口一番、会場のイラン人オーディエンスから興奮の声が上がったわけだ。


どんな音楽家なのかあまりよく知らないまま、なんとなく知り合いに誘われてついて行った、という感じだったのだが・・・、う~ん、何かすごかったです。特にやはりあの声が。
一緒に言った知り合いも、イランではとても公演のチケットが手に入らないので、一生のうちに生演奏を聴けてホント幸せだと感激しておりました・・・。いやはや、良かった良かった。

ということで、会場で販売されてたCDは言うまでも無く衝動買い・・・。


ところで、公演を聴いてる最中にふと思ったのだけど、イラン方面の伝統音楽とインド方面のそれとを大まかに比較した場合、どこがどう共通してて、逆にどこがどう異なっているのだろうか?

基本的な音楽の知識もないので、いろいろと趣味として個人的に聴いてきた中での漠然とした印象では、いくつかの種類の楽器や歌の発声方法とか、共通する点も何となく少なからずある気がするのだが。(もちろん、両地域の間の歴史的な繋がりとかを前提として想定した上で、そう思い込もうとしてる部分もあるのかもしれないが・・・。)
また、何が違うのか自分が漠然と思う範囲では、リズムというか基本的な拍子のとりかた、その中で強勢を置くタイミングなんかが違うせいで印象が正反対に変わってくるのかなぁ、という程度の予想しかできんので、いつか誰かからレクチャーでも受けたい感じです。


で、何でこんな疑問についてタラタラ書き綴ったかというと、こういう古典音楽の段階における各国・地域間の差異が、ポップミュージック・大衆音楽全盛の現代において各国の国産音楽市場におけるリスナー側の嗜好やアーティスト側の曲スタイルの違いとなってどこまで反映されるのだろうか?とかなんとかそんな事が前々から何となく気になってるので・・・。

要するに、歌われてる言葉以前にリズムやメロディーなどで察知できてしまう、何となく「インドっぽい」とか「アラブっぽい」とか、(もちろん、全部が全部ワンパターンに「いかにも」な曲ばかりではないだろうが、多くの曲の中に典型として見出せるような)あの漠然とした「・・・っぽい音」たちの正体とそれらの分かれ目はいったい何なのだろうか?という話なのですが・・・。

なんか自分でもようわからん話になってきたので、もうここまで・・・。
[PR]
by ek-japani | 2006-07-27 16:32 | 音楽
インド産マンゴー
今日夕方、コリアンダーの葉っぱの在庫をちょっと確認するため駅前の少しこじゃれたスーパーマーケットへ入ったのだが、そこでこんなモノを発見。

c0072728_2381329.jpg

インド産マンゴー!!


輸入解禁になったとうわさには聞いてはいたが、いざ目の前にすると興奮は最高潮に。
1個498円の値段にひるみつつ、つい気がつくとカゴに入れ衝動買い・・・。
(店頭に1種類しか置いておらず、産地以外には特に明示されてなかったのだけど、このマンゴーは何て種類のものなんだろうか???密かにマンゴーマスターさんからの情報お待ち申し上げます。)


さっそく家族にもわけて先ほど味わったのだけど、何か濃厚な味な気がしますな。
もちろん種類が違うのも大きいんだろうが、以前食べたフィリピン産のペリカン・マンゴーよりもさらに(自分がステレオタイプ的に思い描く感じで)「マンゴー」らしかったです。

ついでに言うと、何か少~し体があちこち痒い気が。噂に聞く「マンゴーかぶれ」の軽い症状だろうか。
まぁ、日本で少し贅沢気分でちょこっと食べる分には、その痒みもまたマンゴー気分に浸る重要な要素という感じですが。


ところで、値段が高いとはいえ、他の輸入物(フィリピン産やメキシコ産)や国内産のと比べても同等か、それらより安いほうなのではないかと印象なのだけど、実際そこらへんどうなんだろうか・・・?

今シーズンで先鞭をつけるように評判が多くの一般家庭に広まれば、来年にはもっと大々的にインド産マンゴーがスーパーに並んでくれるのでは。そうなるといいのだが。いや、何が何でもそうなってもらわねば。

・・・ってわけで、もしインド産マンゴー見かけたら容赦なく皆で即買いしましょう。
[PR]
by ek-japani | 2006-07-18 23:22 |
おもしろデーヴァナーガリー文字フォント
最近インド政府の通信情報技術省によって無料配布?されているフォント(ユニコード対応)を発見したので、早速インストールしてみた・・・。

とりあえず以下のような感じ。
c0072728_156770.jpg

いままでヒンディー語用で使うフォントといったら、自分のパソには"Mangal"と"Arial Unicode MS"(一番上の2種類)しか入ってなかったので、これらのちょっと風変わりなフォントもいろいろ使えるってのは嬉しいですな。

そういうわけで、ではでは~。
[PR]
by ek-japani | 2006-07-16 02:11 | 言語
国際ブックフェア2006
昨年に引き続き、いろいろと本を買い漁ろうと≪国際ブックフェア2006≫に行ってみた・・・。


今年もSTAR PUBLICATIONS (PVT) LTD.がインドから出展していたので、何冊か購入してみた。

今回一番面白そうだった本は、噂に聞いていた旅行ガイドブック『India Ghumo घूमो 』(Rs125)。
ホントに全部ヒンディー語で書かれているってのが驚き。でも、巻末に掲載されてる読者からのフィードバック用の出版社連絡先で、メールアドレスはHotmail&Yahooってとこが何か安っぽい・・・。しかもURLが書いてあるウェブサイト (www.indiaghumo.com)には全く繋がらないし・・・。
まぁ・・・、この微妙な雰囲気がまたよろしいかと。

インドのブースでは例のごとくダラダラと立ち読みしたりで小1時間くらい居座ったが、その間にもいろんなお客さんが訪れてきた。
個人的な印象としては、インド人の家族連れが多かったような気がする。これはやはり、日本に赴任する際に、配偶者や子供も連れてきて一緒に暮らすインド人ビジネスマンが一層増えてきているからなのだろうか。何回か家族連れのインド人客が子供用の本や料理本なんかを求めてブースにやって来てた。(もともとインド人子弟向けの児童書っぽいのも毎回置いてあったので、わりと買ってく客も以前から多かったのかもしれないが、実際に買っていくところを自分が目撃したのは初めて。)


他にも洋書バーゲンコーナーでTeach Yourself シリーズがいろいろと激安で売られていたので、以下3冊衝動買い。
 『Panjabi(カセット2巻つき)』(¥600)
 『Urdu』
 『Modern Persian』(各¥300)
さしあたり必要な本でも無かったのだが、かなりお得な買い物をしたので満足。


ただ、今回少し不満だったのが、海外から出展するブースの規模が全体的に昨年よりも少し縮小したような気もする点だ。
直前にキャンセルになったのか、もう一つインドから出展予定だった児童書専門の出版社のブースや、昨年みたく大使館と協力で出展するかと思ってたパーキスターンのブースなどは、空白のまま丸ごと休憩スペースになってしまっていた。
さらに、期待していたイランの出版社2社のブースに行くと、何やら入国ヴィザが下りなかった関係で中止との緊急告示が。(イランからもう一つ来てた児童書専門の出版社のほうはOKだったようで、そちらのブースはちゃんと出ていた。)

いやはや残念な事も多かったが、その分だけ毎年確実に来てインドのブースで商売に励むアニル・ヴァルマー अनिल वर्मा 氏に頭が下がる思いですな。
(ちなみに、今回彼が値段計算中に叩いてた電卓、何故か購入時のままビニール包装から出さずに使ってるのが気になった・・・。使いづらそうな気もするのだが、そんなに電卓本体を汚したくなかったのだろうか?)
[PR]
by ek-japani | 2006-07-10 00:56 | 書籍
コーラのCM
こないだ少し噂になった、アーミル・カーン आमिर ख़ान 出演の新しいCM。

ここしばらくすっかり忘れかけてたのだけど、最近“You Tube”で映画のダンスシーンや歌手のプロモを息抜きに見るようになったのがキッカケで、ついでにあのCMのフルヴァージョン動画もやっと(今更ながら)発見、うひょ!



・・・というわけで見直してみると、やはりオチは「蜂に刺された→日本人に間違われた」なようですな。

まぁ、最早それはどーでもいい話としても、あのマネージャーというか店長というか、ゼロ2つ書き足しメニューを持ってくる役の俳優の名前が現在すご~い気になります。今まで自分が見た映画にもよく脇役で出演してるのを何回も目にした覚えはあるのだが・・・、いかんせんどの映画で何の役だったかパッと思い浮かばないため、調べようにもいたしかたない状態ですな。
う~む、しょうもない事だがイマイチ気分がすっきりしませぬ・・・。

ちなみに、もう一人だけセリフのある店員(「あ!日本人がキッチンのほうに行くぞ!」のセリフの人)役は、『The Legend of Bhagat Singh』にラージグル राजगुरु 役で出演していたD・サントーシュ संतोष という俳優なのは思い出した。
[PR]
by ek-japani | 2006-07-08 03:08 | 衛星放送