<   2006年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
『誰も知らなかったインド人の秘密』
実はこんな本を読んでみたのですが・・・。

c0072728_20174716.jpg『誰も知らなかったインド人の秘密』
 著:パヴァン・K・ヴァルマー
 訳:村田美子
 出版:東洋経済新報社/2006年9月

■目次
 序章 インド人とは何者なのか
第1章 政治:権力好きの国民がつくり上げた民主主義
第2章 富:どんな環境下でも金儲けをあきらめない
第3章 IT:才能と努力そして欲望の賜物
第4章 汎インド人:共通点は生き抜く知恵
 終章 繁栄と安定をめざした離陸

先日書店で見かけた折、某所で紹介されてたのを思い出したので買ってみた。
インドの国民性を論じた、いわゆる「インド人論」な一冊。

やもすると「ふ~ん」と納得してしまいそうな感じの論調なんだけど、自分が捻くれモノな性質のせいか、反論とまではいかなくとも「うぅ~ん、そうでしょうかね~?」と疑問を呈したくなる感じでもある。
例えばこんな部分。
「(前略)・・・イギリスはインド人エリート層をうまくイギリス人化しました。しかし、わずかですが、インド人としてのアイデンティティーを失わずに西欧化したインド人エリートもいます。」 [173p.]
(原文「(前略)・・・[T]he British succeeded quite spectacularly in creating an Indian elite patterned after them. A few members of this elite were able to sustain their Westrenization without diminishing themselves as Indians.」)
むしろ「西欧化」したからこそ、かえって「インド人」という枠組みでのアインデンティティーが強まったのではないだろうかと思っているのだが、どうなんでしょう。

この本全体的に感じる事だが、「インド人」という概念を所与のものとして読み進める事に違和感がつきまとう。そういう試みを「敢えて」している本なのだから、当然といえば当然なのかもしれないが・・・。


あと、個人的に物足りないと思うのは、筆者が「数年間リサーチを行った」と書いてあるのに関わらず、ほとんど文献調査に終始している点とか。(実際に現地を訪れずに記されたにも関わらず多大な影響を残した『菊と刀』みたいな国民論の例もあるので、何とも言えませんが・・・。)

現代の文献ではディーパンカル・グプター दीपंकर गुप्ता やアーシーシュ・ナンディー आशीष नंदी、スディール・カカル सुधीर ककर などの著名な社会科学系知識人の著作、各地の何気ない新聞記事、著名な企業家の言行録など、はたまた過去に遡っては、ヴェーダの讃歌やマハーバーラタなど古典文献、植民地期の官僚や独立運動家の手記や回想録などなど、様々な文献からの引用や、言及される多方面のトピックなどは役に立ちそうなものも多かった。
ただ、むしろそれが豊富過ぎるというか、都合のいい部分だけをあちこち切り貼りして都合の良い解釈とともに次々と提示されているようで、なんか煙に巻かれているような印象も受けた。

まぁ、序章の最後で著者自ら「学術的な」目的の本ではないと断りを入れている([32p.])ように、書かれている内容自体の論理的根拠や解釈を巡って深入りしてもしょうがないかもしれない。

それよりか、無数に存在する「インド人論」のうちの有名な一冊として今後あちこちで参照されていく中で、国内外において形成されつつある「新たな時代のインドおよびインド人」言説の一部としてどんな役割を果たすのか、またどこまで影響力を持つようになるのか、という点が個人的に興味あり。つまり、このテクストがどう社会で読まれ、解釈され、消費されていくのかが今後気になるところ。

オマケ (※無駄に長いですが・・・)
[PR]
by ek-japani | 2006-11-30 20:59 | 書籍
iTunes でヒンディー語を学ぶ?
最近こんなん発見しました・・・。

c0072728_2262560.jpg
Learn Hindi from Bollywood Movies

声の録音が少し音質悪くて聴き取り難い面もありますが、懐かしの映画のワンシーンから(明らかに「実用的」ではなさそうなだが)「もしかしたら役に立つかも」なフレーズをいろいろ英語解説付きで毎週紹介してくれています。
(※ポッドキャスティングの登録は iTunes 、もしくは上記リンクの配信元サイトで)

しかし、配信している人物が名前からして南インド系っぽいのは少し気になるといえば気になる・・・。
なにゆえこのようなことを始めるに至ったのでしょうか?
いや、もちろんアイデア的に面白いからそんな事はどうでもいいといえばどうでもいいのですが、はい・・・。
[PR]
by ek-japani | 2006-11-25 02:39 | 言語