<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
世界の車窓から DVDブック NO.27
先日立ち寄った書店でこんなのを(なかば衝動的に)買ってみました。
c0072728_8585464.jpg

この番組わりと好きなのでインド編の再編集映像DVDにひかれて手に取りました。でも、この手のシリーズ雑誌って途中から買うのは少し躊躇する部分もありますよね、まぁこれの場合は全巻コンプリートしなきゃ意味のない品でもないので。

主要な到着地を紹介する際に、カタカナに加えてデーヴァナーガリーでも併記されて地名が画面に登場するのに少しビックリ。あとナレーションの音声無しにもできるので、60分間なんとなく鉄道風景をながめることもOK。



で、自分テツではないんですが、それでもインドでの列車の移動っていろいろと思い出が刻まれる体験ですよね。

2nd Sleeper の車内で微妙に寒くて震える夜を過ごしたり、そして夜明け後のぬるみ始めた空気のなか窓の外の朝日を眺めながらチャーヱとクッキーで朝食とったり。

濃霧のせいで到着が遅れている列車を深夜の薄暗いプラットホームで何時間もじっとショールにくるまって待ったり、やっと着いた列車にいざ乗り込んでみたら自分の寝台に肥えたオッサンがいびきこいて眠ってたり。

日没前に着く予定が何だか遅れて夜10時過ぎになって宿探しに難航したり、しかもそんな時に限って列車の中でたいした物売りが回ってこずに夕方から空腹のまま晩ご飯を食いっぱぐれたり。

ホームや車内にそこはかとなく漂うディーゼル排気の臭いやら、無駄に繰り返す割には聞き取りにくいホームの到着アナウンスの機械的な甲高い声やら、列車に乗り込むときの容赦ない押し合いへし合いやら、ようやく席にたどり着き荷物も降ろしてホッとしたのと同時に列車が出発した瞬間のわくわくする感じやら。


・・・まぁそんなこんなでしばし追憶にひたれてわりと満足です。
[PR]
by ek-japani | 2008-12-27 09:02 | 書籍
झुग्गी बस्ती कुत्ता बनेगा करोड़पति ?
c0072728_23583413.jpgこの映画、かな~り見たいんですが・・・。

ムンバイのスラム出身の若者ジャマールが、ある日テレビの人気クイズ番組「コゥン・バネーガー・カロールパティ?」に出演してどんどん問題に正解していき、すわ巨額の優勝賞金獲得か?という出来事を軸に、スラム育ちで困難続きの主人公の半生や幼なじみのヒロイン、ラティカーとの恋愛模様などのストーリーが展開するようです。

主人公役はインド系イギリス人の俳優のようですが、主要な役どころでイルファーン・カーンやアニル・カプールなど、ヒンディー語映画で著名な俳優も多数出演してるみたいです。実際の番組で司会をやっていたアミターブ・バッチャンの登場はさすがにないようですが。

トレスポのダニー・ボイル監督作だし、おそらく来年あたりに日本でも公開されるんでしょうが、早く上映してくれんものでしょうか。


あと、音楽をA.R. ラフマーンが担当してるのですが、日本でもわりと有名なスリランカ・タミル系英国人アーティスト、M.I.A.が参加してるあたり話題性も十分なので、映画だけでなくサントラCDもわりと日本で注目されるのでは。こちらも割と楽しみです。

とくに、サントラに収録されているM.I.A.のヒット曲、「Paper Planes」は監督たっての希望で採用したとのこと。この曲が劇中のどんな場面で使われてるかは映画を見んことにはわかりませんが、本人出演のビデオクリップはこんな感じ。


やっぱこの監督、劇中の挿入曲にはいろいろと深いこだわりがあるんでしょうね。トレスポの時もイギー・ポップの「The Passenger」かけてたのが印象的だったしなぁ。

※2009年1月13日追記
[PR]
by ek-japani | 2008-12-05 00:33 | 映画
अल्लाह ने हंसमुख बनाया
c0072728_2232725.jpgここで聴いたアズハル・ウスマーンのインタビュー、けっこ~おもろかったです。

面白さ激減するのを承知であえて文字におこすと、例えば・・・
アメリカでそのヒゲだと人からジロジロ見られたりしない?

ん~そうっすね、ほんとみんなジロジロ見てきますよー。でもとくにガン見されんのは、僕が道ばたでロケットランチャー持ってウロウロしてる時っすね。

これ以外にも、インタビューの終わりのほうでお得意のネタ「お国かわればサラームかわる」モノマネを披露してくれてます。つーか、「中国系ムスリム」までくると流石にそりゃネタ作りすぎ!って感じがしなくもないんですが、もはやあとは勢いです。
[PR]
by ek-japani | 2008-12-01 00:08 | 考察