<   2010年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
らーじにーてぃ
6月初に公開予定とのことだけど、いやー、この映画かな~り見たい気分です、プラカーシュ・ジャー監督の5年ぶりの新作。
c0072728_1523329.jpg

この監督の作風(といっても2000年代以降の2作「ガンガージャル गँगाजल」と「アパハラン अपहरण」しか見たことありませんけど)、ちょっと一昔前の日本の任侠映画的な、剥き出しの暴力やら犯罪やら権力闘争やら、その他もろもろの人間の生身の欲望に満ちてドロドロした雰囲気でかなり好きなのですが、そんなわけで今作も期待。

今回の題材は、ずばりタイトルの通り、インドの民主政治。白熱の選挙戦における各政党代表や立候補者など様々な人間模様を、マハーバーラタ風にそれぞれの葛藤やら思惑やら理想やら行動やら複雑に絡み合う壮大な群像劇に仕立てあげたようです。

群像劇だけあって主演俳優も今回はかな~り豪華です。ナーナー・パーテーカルやナスィールッディーン・シャーなど円熟した個性派俳優の取り揃えも豪華ですが、ほかにも若手俳優では特に最近調子アゲアゲなランビール・カプールとカトリーナ・カイフや、最近少し演技に味が出てきたアルジュン・ラーンパールなど、わりと旬な俳優も登場するようです。そんでもって、この監督の映画に近年欠かせないアジャイ・デーヴガンが今回も当然主役の一人として出演。(あ、サングラスかけて髪型もなんか雰囲気変わってて見落としてましたが、最近あまり映画で見かけなかったマノージ・バージパーイーも。)


でも、こういう種類の社会派リアリズム的な要素の強い(といっても、この監督のことだからマルチスターで娯楽性も十分維持してそうですが)映画をわざわざ金払って見に来るような観客って、(日本ほどでないにせよインド国内で相対的に)投票率の低い都市部在住の、ある程度以上の所得層がどちらかというと多数派なのでは。

選挙に対する意識や政治参加の意欲も全般的に低く、税金バラマキと汚職にまみれた政治の世界に早々に見切りをつけて、代わりに自分たちはゲーテッドコミュニティーやら住民組織による自治運動やら、行政に対する条例施行やスラム撤去の働きかけやら、一見すると「非政治的」な、選挙政治とは直接結びつかない政治力を行使するのが好きな人々(あくまで勝手なイメージです)が、自国の選挙文化とそこにおいて動員される大衆の姿を映画という突き放した目線で俯瞰するようになった、・・・・・・のだとしたらそれはそれでまた乙な構図ですが、まぁそんな政治に倦んだ人は同じシネコンでやってる別の映画を選んじゃうと思うので、むしろ近頃クールな政治意識に目覚めちゃった人々(これもあくまで個人的な妄想です)が見に来るのかも知れませんね。

そんなわけで、では~。
[PR]
by ek-japani | 2010-04-10 02:07 | 映画
モーディーは多言語マニア?
ナレーンドラ・モーディーの公式ウェブサイト、さり気なく多言語マニアっぷりがちょっと激しいんですが・・・。

c0072728_6101355.jpg

このモーディー氏、自身の所属するBJPが国政レベルの最大野党としての新たな独自性や方針が見いだせないまま党内の仲間割れなどで迷走しているのを横目に、自分はグジャラート州首相の地位に2001年10月から現在まで約8年間つき続け、3期目継続中の現在も自分の州内では好調な経済成長を背景に高い支持率を維持している一方で、最早アードヴァーニー爺さんがすっかり過去の人となり若干丸くなった感の強いBJPの中ではとくにタカ派の支持層から人気が高いといわれ、そのうえ2002年に州内で大規模な暴動が起きた際には暴徒を意図的に放置(ないし扇動)し対立政党の政治家を殺害したという疑惑でかなり真っ黒でもあります。

そんな清濁併せ呑んだような輝かしい政治経歴の、とくに「濁」の部分にちょっと一般人ならどん引きしちゃいそうな雰囲気のモーディー氏ですが、ふとした拍子に彼の公式サイトを見たらびっくり。ユニコードの普及によってインド系多言語に対応したウェブ環境が整って久しい昨今、今さら在地言語への切り替えがあっても別に驚きもしませんが、このサイトの場合は画面の右上端に並んでいる切り替え可能言語が多すぎ!!
左から、
English / ગુજરાતી (グジャラーティー) / हिन्दी (ヒンディー) / संस्‍कृतम् (サンスクリット) / मराठी (マラーティー)
と並んでおりますが・・・・、なっ、なにゆえサンスクリットまで???

いくらサング・パリワール傘下の諸団体の活動において様々な面でサンスクリット回帰志向な教理が通底しているとはいえ、これはいくらなんでも言語マニア過ぎなのでは。おそらく、実際に情報アクセス上サンスクリットでの内容を必要としている人がいるかどうかとは全く関係無しに、ほとんど支持者や閲覧者に向けたお飾りくらいの位置づけでおまけとして作成してあるんでしょうが、にしてもこんなの他に見たことないんですが・・・。


でもって、さらにビックリなのが彼の公式ブログ

ブログなのに?同じ記事がわざわざ多言語で切り替えて読めるようになってます。上から順に、
English / ગુજરાતી (グジャラーティー語) / हिन्दी (ヒンディー語) / मराठी (マラーティー語) / ਪੰਜਾਬੀ (パンジャービー語) / বাংলা (ベンガル語) / ଓଡ଼ିଶା (オリヤー語) / తేలుగు (テルグ語) / தமில (タミル語)

まあ最初にたぶん英語で書かれたブログ記事をもとに各言語のできる担当者がそれぞれ翻訳したものを掲載しているのでしょうが、まぁそれにしたってブログまで毎回こんなに多言語展開する手間をかけるほど全国的な支持者の規模拡大を視野に入れているわけなんでしょうか。

別に彼を政治的に支持するわけではない(というかインドの参政権も無いし)のですが、このウェブサイトの多言語展開の徹底っぷりには思わず脱帽。(ठैдठै)



ちなみに、現在若手政治家の旗頭のラーフル・ガーンディーの場合、彼個人名義のインターネット上での広報媒体として活用しているのが、独自ドメインでのウェブサイトやブログではなく、代わってSNSサイトのフェイスブックである点が印象的です。
c0072728_6105555.jpg

重要な支持基盤の若者世代に対してより効果的にアピールでき、より自発的で積極的な政治参加も促すことができそうな媒体を選ぶあたりが、政治家の側でも世代の移り変わりを感じさせますな。

まぁ技術革新や世代交代によって政治風土が刷新されて今までの問題点も改善されるのかといえば、インドに限らずどこの国でもそうそう上手いこと簡単に事は運ばないだろうと思いますが。



***

・・・・久しぶりの更新なので、ついでにもう少し。

そういえば先月は一回も更新してなかったんですねー、またもや&今さらだけど時間経過の早さに少しビックリ。近頃世間で大流行のツイッターやってるわけでもないので、とくに他で発散してるわけではないのですが、とくに書くネタも無かったり、思いついても少し文章にまとめようと思ってるうちに話題の鮮度やら書く気力やらが霧散していってしまったりで時が過ぎてしまいました。

その点ではツイッターの気軽さに分がありますな。でもその反面、ツイッターの功罪というか、あちこちの個人ブログでこの頃更新頻度が極端に落ちたと思ったらツイッターに重点移してるって場合もやたら増えてきた気がしますし。かといって自分が今さら流行のツイッターにまで手を広げたらここをますます放置してしまいそうなので困りものですが。

なので骨子だけ取り入れて、つぶやき風に断片的に、細々とした短い内容でもここにどんどん書きこむようにしてみようか、・・・・と思ったらここ数ヶ月でいくつかそんな記事が既に・・・。(णAण)
[PR]
by ek-japani | 2010-04-05 07:28 | 言語